「自己肯定感」が低い人に現れる"残念な症状"

伸びる人と停滞する人の差にもつながる

このようなときに自己肯定感を高めるためには、自分の感情と素直に会話をするためのテクニックが必要です。

感情に触れるテクニック

人は質問されるから思考します。そこで、自分に対して「本音ではどう思っているのか?」「今どんな気持ちか?」と問いかけるのです。メモをしながら行うといいでしょう。紙でもスマホでもかまいません。

もし不満足でイライラしている状態だったら、まるで他人に話しかけるように、

「私は頭にきている。とてもイライラしている」

と書き出します。

まったく感情が動かないと感じたとしても、これもまた冷静に

「まったく感情が湧かない。何も感じていない自分がいる」

と書き出してみます。

ネガティブな感情であったとしてもそれを文章に書き、それを改めて読むことで、自分の感情を客観的に見つめる訓練になります。

自分がどんな感情をもっているかまったくわからない場合は、選択肢から選ぶ方法もあります。感情には大きく分けて以下の7つがあります。

喜び:うれしい。すばらしい。楽しい。
安心:ほっとした。よかった。落ち着いた。
信頼:誇らしい。よくやった。さすがだ。
不安:恥ずかしい。心配だ。焦る。
驚き:びっくりした。予想外だ。こわい。
悲観:悲しい。悔しい。苦しい。
怒り:イライラする。腹立った。ひどい。

 

『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

このような感情のどこに当てはまるのか自分で考え、○をつけてみます。この時に、自分の感情に対して「よい」「悪い」という評価はしないでください。ネガティブな感情も「私は今そう感じている」と観察します。そうすることで、自分と向き合うことができ、心が落ち着いてきます。

日によって、状況によって、また体調によっても感情は変化します。職場環境も影響を及ぼすでしょう。よって自分は自己肯定感が高いからと安心するのは早計です。

自己肯定感が高い、低い人と安易に決めつけるのではなく、人にはいろんな状況があると理解して、まるでもう一人の自分が見ているかのように、「自分の心の変化を観察するクセ」をつけるようにするのです。そうすれば、どんな状況であっても自分を肯定的にとらえられるようになり、前向きな行動につながりやすくなります。自己肯定感を上げるための第一歩は、自分の心と客観的に向き合うことなのです。

(構成:黒坂真由子)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT