こだわる人向け「保温しない炊飯器」が新しい

人気バーミキュラは数カ月待ち

ご飯のおいしさを追求し、土鍋や鉄鍋で炊く人も増えてきている。火加減の調整などは難しいが、ガスの大火力なら、短時間で香ばしいご飯が炊ける。中でも愛用者が多いのが、蓄熱性と密閉性の高い「鋳物ホーロー鍋」だ。

昨年末、この鋳物ホーロー鍋のメーカーである愛知ドビーが発売したのが、専用の鋳物ホーロー鍋と、IHを内蔵するポットヒーターを組み合わせた炊飯器「バーミキュラ ライスポット」(直販価格8万6184円)だ。

そもそも、メーカーの愛知ドビーは、織物機械「ドビー織り機」を鋳物で製造していた町工場。「バーミキュラ」は自社の持つ鋳物技術と精密加工技術に、ホーロー技術を組み合わせて作り出した独自開発の鋳物ホーロー鍋だ。

鍋炊きのおいしさを全自動で実現

「バーミキュラ ライスポット」(写真:愛知ドビー提供)

この鍋の利用者が炊飯に使っているという話がメーカーに届き、開発に3年をかけて、細かな火加減を行うことなくボタンを押すだけでツヤヤカで粒が立ったご飯が炊ける炊飯器が登場したというわけだ。

「バーミキュラ ライスポット」を開発するにあたっては、自社の鍋を使ってガス火で炊いたご飯を目指したとのことで、ガス火と遜色のない味と食感に出来上がっている。

実際に「バーミキュラ ライスポット」で炊いたご飯を食べてみたが、ツヤ、みずみずしさ、そしてシャッキリとした食感、甘みなど、ご飯をおいしいと思う要素がすべてそろっていた。間違いなく、最高レベルのご飯が炊ける炊飯器なのだ。

さらに「バーミキュラ ライスポット」が面白いのは、鍋そのそのものはガス火にかけて使える点。多彩なおかず調理にも対応しており、無水調理や低温調理などにも対応している。こだわりのご飯が炊けるだけでなく、無水カレーやローストビーフなども簡単に調理できるのだ。

なお、非常に人気が高いため、現在予約すると入手は4月下旬以降となるようだ。

今回紹介した3つの炊飯器は保温機能を搭載しない。しかし、保温機能がないからこそ、冷めたご飯でもおいしく食べられるのも共通点といえる。また、多くの炊飯器が搭載する圧力炊飯機能も搭載していないので、シャッキリとした食感に炊ける。甘さとやわらかさが際立つ圧力炊きの炊飯器とは一線を画しており、固めで粒感のあるご飯を好む人に向いていると言えるだろう。

便利さとおいしさを追求して、保温機能をカットした炊飯器。新しい炊飯器の1ジャンルになりそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。