大手企業の「採用したい人材」はこう変わった

「一点追求型」の人材を求めている!

自分自身は、「これはマニアックな領域だから、就活でのアピールにならないかも」と思うようなことでも、とことん取り組んだのであれば、それはぜひ訴えるべきです。

たとえ、学校や周囲から大きく評価されないことでも、自分の興味関心という強い動機に基づいてある領域を突き詰めることができる、そのために試行錯誤や創意工夫ができることは、大きなアピールになります。実際、平均点の高さではなく、「一点追求型」の人材を5~10%は意図的に採りたい、という大企業の声も聞こえてきています。

「一点追求型」の人材を採りたい

近頃では理系女子や海外大生、あるいは外国人留学生に、一定の採用ニーズがあることは確かです(これらの人材に採用目標人数を設定している企業も少なくありません)。ただ、求めているバラエティの中身は各社で異なりますし、今年度はどんなバラエティを求めているのかは、外部からはわかりません。

基本のマナーや礼儀はきちんと守るべきですが、自分で培ってきたものや、何が好きで何ができるのかについては、自分自身を十分訴えてみてください。

企業は”寄らば大樹の陰”的な発想の学生を求めているわけではありません。大手企業を志望されている学生に伝えたいのは、入社するために自分を型にはめるのではなく、自分の持っているものと相手先企業が評価するものが、たまたま合致すればよいという気構えで、もっと自由にチャレンジしてほしいということです。

少なくとも、企業には企業の危機感があることを理解してもらえれば、もっと学生のみなさんにとって、自分らしい就活ができるのではないでしょうか。応援しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。