大手企業の「採用したい人材」はこう変わった

「一点追求型」の人材を求めている!

自分自身は、「これはマニアックな領域だから、就活でのアピールにならないかも」と思うようなことでも、とことん取り組んだのであれば、それはぜひ訴えるべきです。

たとえ、学校や周囲から大きく評価されないことでも、自分の興味関心という強い動機に基づいてある領域を突き詰めることができる、そのために試行錯誤や創意工夫ができることは、大きなアピールになります。実際、平均点の高さではなく、「一点追求型」の人材を5~10%は意図的に採りたい、という大企業の声も聞こえてきています。

「一点追求型」の人材を採りたい

近頃では理系女子や海外大生、あるいは外国人留学生に、一定の採用ニーズがあることは確かです(これらの人材に採用目標人数を設定している企業も少なくありません)。ただ、求めているバラエティの中身は各社で異なりますし、今年度はどんなバラエティを求めているのかは、外部からはわかりません。

基本のマナーや礼儀はきちんと守るべきですが、自分で培ってきたものや、何が好きで何ができるのかについては、自分自身を十分訴えてみてください。

企業は”寄らば大樹の陰”的な発想の学生を求めているわけではありません。大手企業を志望されている学生に伝えたいのは、入社するために自分を型にはめるのではなく、自分の持っているものと相手先企業が評価するものが、たまたま合致すればよいという気構えで、もっと自由にチャレンジしてほしいということです。

少なくとも、企業には企業の危機感があることを理解してもらえれば、もっと学生のみなさんにとって、自分らしい就活ができるのではないでしょうか。応援しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。