中学受験で頻出!はやく解く「算数の裏ワザ」

「速さ」の単位換算が一瞬でできるテクニック

「速さ」の問題を解く際に使える「裏ワザ」をご紹介します(写真 :tkc-taka / PIXTA)
いよいよ、受験本番が近づいてきました。中学受験を控えたみなさんにとって大詰めの時期、あとわずかの期間のなかで点数をもうひと伸ばしするために頑張っていらっしゃると思います。
そんな受験生を応援するため、今回は、『小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる問題集』などの著書をもつプロ算数講師の小杉拓也が、中学受験の算数でよく出題される分野の1つである「速さ」の問題を解く際に使える「裏ワザ」をお教えします。
知ると知らないとでは大きな差が出るテクニック、ぜひ押さえてください。

この問題をすばやく正確に解けますか?

旅人算、通過算、流水算、時計算、速さと比、ダイヤグラム……などなど、算数の「速さ」に関する範囲はとても広く、苦手にしている子が多い分野でもあります。

しかし、苦手な子が多いからこそ、きちんと解くことができれば絶対的に差がつく部分でもありますから、ぜひ攻略していただきたいと思います。

「速さ」を苦手にしている子が多い原因の1つに、「速さの単位換算」のややこしさがあります。たとえば、次の問題を見てください。

問題:時速43.2kmの自動車は、17秒間で何m進みますか。

あなたなら、この問題をどう解きますか? 通常の解きかたの一例は、次の通りです。

【(裏ワザを使わない)通常の解きかた】
43.2km=43200m
1時間=60分、1分=60秒なので、
1時間=(60×60)秒=3600秒
3600秒で43200m進むので、
43200÷3600=12より、秒速12m
だから、17秒間に、12×17=204m進む
答え 204m

 

上記のように解くのが教科書的には正しい方法です。正しい解きかたではありますが、「時速43.2km」から「秒速12m」への単位変換のプロセスを、ややこしいと感じた方もいるかもしれません。

次ページ「裏ワザ」を知っているとこんなに違う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT