「食べ続けると痩せる肉」の知られざる正体

牧草飼育牛と穀物飼育牛の違いと体への効果

シュラスコ方式で、じっくり火を入れて提供される(写真:筆者撮影)

塊肉を弱火でじっくり焼いていくのが、グラス・フェッド・ビーフの楽しみ方の1つです。「肉塊UNO」はシュラスコ方式で牛肉を提供するお店ですが、ランプとイチボは牛肉の状態に合わせて、60~120分程度、弱火でじっくり焼いていきます。通常のシュラスコ店が30分程度の焼き時間だとすると、いかにじっくり火を入れているかがわかります。

ただグレイン・フェッド・ビーフに比べると脂の含有量が少ないので、焼きすぎるとパサつく可能性があり、おいしくいただけません。じっくり火入れをし、レアからミディアムレアで食することをお薦めします。

脂がさっぱりしているので、塩とこしょうでいただくのも十分おいしいのですが、赤身肉にわさび、あるいはホースラディッシュという食べ方も非常にマッチします。

赤身肉が主流になることも?(写真:筆者撮影)

グレイン・フェッド・ビーフは、徹底した飼料の給餌方法、配合方法をマネジメントして育てられる、芸術品ともいえる牛肉です。ただ、牛肉をグローバルの観点からみると、以下の理由から長期的に赤身肉が主流になることも想定されます。

1. 霜降り(サシ)の入った肉を好むのはほとんどが日本というマイノリティな存在

2. 「東京でセルフ焼き肉がひそかに流行する理由」にも記載しましが、サシの多いA5ランクの牛枝肉自体もここ数年連続高騰

流行の兆しをみせる今年の前半こそ、肉好きにとってはグラス・フェッド・ビーフにトライする時期なのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。