焼き肉の美味しい食べ方は部位別に全く違う

メニュー細分化で今さら聞けない基本を解説

部位ごとにおいしい食べ方があります(写真 :taa / PIXTA)

部位ごとの食べ方も多様化している

希少部位、赤身肉、塊肉、熟成肉。次々とブームを生み出す焼き肉業界はここ数年、空前の焼き肉バブルです。人気焼き肉店に至っては、数カ月待ちの予約も当たり前のようになってきており、予約困難店の予約=プラチナチケットと表現しても過言ではありません。

私は平均して週2回のペースで東京都内のさまざまな焼き肉店を訪店しています。予約困難店を含め、100店舗以上を訪店しており、その動向について独自研究しています。その私から見ると、ブームの発端となる部位が細分化したことにより、焼き方、注文の仕方も難しくなってきましたが、実は美味しい食べ方も多様化しており、難しくなってきています。

脂ののっている部位、ロース、赤身、タン、ホルモン。これだけでも食べ方が、塩とタレ一辺倒ではないことはご理解頂けると思います。生卵、トロロ、わさび、ポン酢、塩レモン、塩昆布、焼き肉専用醤油、ホースラディッシュ。細分化された部位の特徴を知ることで、何をつけて食べるのが最適か理解でき、さらにおいしくいただけます。複雑化しつつも、部位ごとにマッチしたおいしい食べ方があります。食べ方の作法については、「神戸びいどろ」を展開するイデアコーポレーションの山本雅幸営業本部長のインタビューをベースにしました。

次ページ「生卵をからませて食べる焼きすき焼き風ザブトン」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT