現代の「おカネの流れ」を歪める意外な黒幕

タックスヘイブンと大英帝国の深い関係

イギリスの「経済力」というのは、世界経済の中でそれほど大きいものではない。世界のGDPのランキングでは、だいたい第5位である。米国のGDPの6分の1にすぎない。そのイギリスが、金融の国際取引において、最大のシェアを持っているのだ。タックスヘイブンの存在が、いかに世界のおカネの流れを歪めているか、ということである。

なぜイギリスはタックスヘイブンを放棄しないのか?

『お金の流れで探る現代権力史――「世界の今」が驚くほどよくわかる』 力はおカネで「買える」らしい――戦争、資源闘争、内戦、国際機関、外交協定。あらゆることの背景には必ず「おカネ」がある。世界の今をわかりやすく、深く知るために、元国税調査官が近現代にガサ入れ!

世界中からこれほど非難されているタックスヘイブンを、なぜイギリスは保持し続けるのか? それは、老大国の意固地なプライドが大きな要因だといえる。

18世紀から20世紀初頭まで、世界経済はイギリスが握っていた。イギリスは、地球の隅々にまで植民地を持ち、世界で最初に産業革命を起こした。世界中から富を集め、莫大な金の保有量を誇り、その金を元手に、世界で初めて金本位制を導入。イギリスが始めた金本位制は、世界の金融システムのスタンダードとなった。

イギリスは、18世紀後半から20世紀前半まで、長らく世界の金融センターとして君臨してきた。1957年の時点でも、まだポンドは世界貿易の40%で使われていたのだ。しかし、イギリス経済の凋落とともに、アメリカにその座を奪われつつあった。

イギリスは第二次世界大戦直後にインドを失い、他の植民地も次々に独立していった。第二次世界大戦終結時点では7億人以上を支配していた大英帝国は、1965年にはわずか5000万人の国民を有するのみとなっていた。

イギリスの経済規模は、第二次世界大戦以前からアメリカ、ドイツに抜かれていたが、戦後には日本にも抜かれ、フランスと4位を争っていた。そしてイギリスは、第二次世界大戦後、経常収支の赤字、外貨準備、金準備の減少に苦しめられ、たびたびポンドの価値を維持できない「ポンド危機」に見舞われた。

1949年には大幅な「ポンド切り下げ」を行った。そこには、「世界の銀行」とさえ呼ばれた、往年の大英帝国の姿はなかった。

ポンドは信用力を急速に失い、世界の基軸通貨の座をドルに明け渡すことになるイギリスのシティ・オブ・ロンドンが、世界の金融センターとして君臨してきたのは、強いポンドがあったからである。シティはポンドを取り扱うことで、世界の金融を牛耳ってきたのである。しかし、ポンドの価値が下がり、基軸通貨としての役割を失えば、シティの影響力も弱まる。シティはポンドの凋落とともに、力を失っていった。

それを取り戻すためのスキームとして、イギリスはタックスヘイブンを作ったのである。それが奏功したため、イギリスは、世界の金融センターとしての地位を保持し続けることに成功したのだ。

世界経済に害を与えるタックスヘイブンが生き続けている最大の理由は、ここにあるのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。