任天堂の新ゲーム機「スイッチ」によぎる不安

発売後2週間が鍵

ゲームジャーナリストの小野憲史氏は「オンラインとの連動展開がまだ不明。ポケモンGOやスーパーマリオランとの連携は誰もが期待するところだが、今回発表はなかった。このため、総合的な評価は現時点ではまだ難しい」と話した。

最初の2週間が勝負との指摘

「Wii」は発売から2年目に1861万台、3年目の2009年3月期に2595万台の販売を記録した。スイッチも2年目に1800万台を超せるかどうかが、ヒットの成否を判断する目安となりそうだ。今期は3月3日の発売から約1カ月で200万台の販売を計画している。

「プレイステーション4」は2013年11月の発売から今年1月1日時点で累計販売が5340万台を突破。この年末・年始商戦で620台以上を販売した。

年末商戦を逃した影響はあるのか。エース経済研究所の安田秀樹アナリストは「ゲーム機の販売は、最初の2週間でどれくらい売れるかで決まってくる」と話す。

 

(志田義寧 取材協力:伊賀大記 山﨑牧子 長田善行)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT