「ダビスタ」に集まる競馬人気活性化の期待

生みの親が明かす「異色」育成ゲームの裏側

競馬がじわりと活気を取り戻している。日本中央競馬会(JRA)の売得金(勝馬投票券の発売金から返還金を引いたもの)は、ピークだった1997年度の4兆円から14年連続で減少し、2011年度には2.3兆円まで落ち込んだ。だが、この4年間はいずれも前年を上回り、2015年度は2.6兆円まで回復している。

シリーズ最新作がスマホ向けに配信

マスターズは配信後10日間で50万ダウンロードを突破した

競馬市場がこの先、さらに伸びていくためには、新たな競馬ファンの醸成は欠かせない。そんな中で期待を集めているのが、競馬ゲームのダービースタリオン(ダビスタ)だ。この11月、シリーズ最新作がスマートフォン向けに配信された。JRAとコラボレーションするなど、業界内でも期待は大きい。競馬の売り上げが急拡大した1990年代、その牽引役を担ったのがダビスタだったからだろう。

ダビスタの1作目は、オグリキャップの引退レースの興奮覚めやらぬ1991年、ファミコンソフトとして発売された。ダビスタをきっかけに、現実の競馬にハマった人は少なくない。騎手や調教師など競馬界にも根強いファンがいる。競馬が最も活況を極めた1990年代に、ファンの裾野を広げる一翼を担った。

週刊東洋経済11月26日号(21日発売)の特集は『競馬の魔力』です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ダビスタは、レースでの走りを操作し勝利に導くアクションゲームとは一線を画し、強い馬をいかに作るかという、競争馬の育成にスポットを当てたシミュレーションゲームだ。勝てる馬を作るカギとなるのが血統。血統をうまく組み合わせ、長所を伸ばし、短所をカバーする。

開発したのは現在、ゲーム開発会社パリティビットの代表取締役を務める薗部博之氏だ。早稲田大学を卒業し、入社したアスキーの同僚が競馬ファンだったことから、競馬の世界に足を踏み入れた。当時はオグリキャップが競馬界を席巻する第2次競馬ブーム。虜になるのには時間はかからなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT