「ダビスタ」に集まる競馬人気活性化の期待

生みの親が明かす「異色」育成ゲームの裏側

競馬がじわりと活気を取り戻している。日本中央競馬会(JRA)の売得金(勝馬投票券の発売金から返還金を引いたもの)は、ピークだった1997年度の4兆円から14年連続で減少し、2011年度には2.3兆円まで落ち込んだ。だが、この4年間はいずれも前年を上回り、2015年度は2.6兆円まで回復している。

シリーズ最新作がスマホ向けに配信

マスターズは配信後10日間で50万ダウンロードを突破した

競馬市場がこの先、さらに伸びていくためには、新たな競馬ファンの醸成は欠かせない。そんな中で期待を集めているのが、競馬ゲームのダービースタリオン(ダビスタ)だ。この11月、シリーズ最新作がスマートフォン向けに配信された。JRAとコラボレーションするなど、業界内でも期待は大きい。競馬の売り上げが急拡大した1990年代、その牽引役を担ったのがダビスタだったからだろう。

ダビスタの1作目は、オグリキャップの引退レースの興奮覚めやらぬ1991年、ファミコンソフトとして発売された。ダビスタをきっかけに、現実の競馬にハマった人は少なくない。騎手や調教師など競馬界にも根強いファンがいる。競馬が最も活況を極めた1990年代に、ファンの裾野を広げる一翼を担った。

週刊東洋経済11月26日号(21日発売)の特集は『競馬の魔力』です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ダビスタは、レースでの走りを操作し勝利に導くアクションゲームとは一線を画し、強い馬をいかに作るかという、競争馬の育成にスポットを当てたシミュレーションゲームだ。勝てる馬を作るカギとなるのが血統。血統をうまく組み合わせ、長所を伸ばし、短所をカバーする。

開発したのは現在、ゲーム開発会社パリティビットの代表取締役を務める薗部博之氏だ。早稲田大学を卒業し、入社したアスキーの同僚が競馬ファンだったことから、競馬の世界に足を踏み入れた。当時はオグリキャップが競馬界を席巻する第2次競馬ブーム。虜になるのには時間はかからなかった。

人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。