視聴率71%!広島民の尋常ならざるカープ愛

いまさら聞けない「市民球団」の秘密とは?

リーグ優勝を決めたクライマックスシリーズの第4戦。スタンドを赤く染めたカープファンが喜びを爆発させた(写真:共同通信)

平均視聴率60.3%、瞬間最高視聴率71.0%――。この数字、30年前の紅白歌合戦の視聴率ではない。広島東洋カープのセ・リーグ優勝がかかった9月10日の東京ドーム・巨人VS広島戦をNHKが全国に生中継した際、広島地区でたたき出した数字である。関東地区でも16.8%だったので、近年のスポーツ中継としてはかなりの高水準ではあるのだが、広島地区の数字はどう見ても尋常ではない。

2014年の流行語大賞ベストテンに「カープ女子」が選ばれ、近年首都圏でカープファンが大増殖していることは、プロ野球を見ない人も耳にしていることだろう。25年ぶりにリーグ優勝を決めた9月10日深夜から翌日にかけ、テレビのニュース番組でも大きく取り上げ、日本経済新聞までもがスポーツ欄を半分以上カープに割き、その後も断続的に様々なコーナーで特集記事を掲載している。

「市民球団」だけど、マツダとの関係は?

たかが野球、されど野球。その優勝の経済効果は331億円とも言われる「広島カープ」はもはや、紛れもなくスポーツの枠を超えた時事ネタである。僭越ながら、プロ野球ファンなら当たり前に知っている「広島カープ」を、まだ知らない皆様にキャッチアップしていただこう。

プロ野球はセ・リーグ、パ・リーグの各6球団ずつで、約半年間の総当たり戦であるペナントレースを戦い、さらに両リーグのシーズン成績1~3位のチームでクライマックスシリーズを戦い、勝ち残った1チームずつで、日本一を決める日本シリーズに臨む。

瞬間最高で70%を超える視聴率を記録したのは、シーズン成績1位が決まるゲームだったが、日本シリーズ出場権をかけて横浜DeNAベイスターズと争ったクライマックスシリーズでも、10月12日の初戦が平均45.6%で瞬間最高が57.6%。13日の第2戦が平均43.5%、瞬間最高が54.8%。日本シリーズ進出を決めた第4戦は今季、マツダスタジアムであったデーゲームの主催試合では最高の平均31.0%、瞬間最高は49.7%だった。

広島地区には在京キー局系列の地方テレビ局が4つある。各局のホームページにアクセスすると、2局はトップ画面からいきなりカープモード全開。残る2局もカープ特設サイトを目立つ場所に設けている。

なぜカープは広島県人にここまで浸透しているのか。最大の理由は、12球団唯一の市民球団だからだろう。市民球団と言っても、市民が直接球団経営会社の株式を保有しているわけではなく、筆頭株主はマツダ。保有割合は34.2%でしかないが、残る65.8%のうち、マツダの創業者一族が個人で42.7%保有しており、この一族は現在マツダの経営には関与していないとはいえ、この体裁だと実質マツダが親会社に見える。それでもカープファンは、カープは市民球団だと言う。

次ページ「カープ」の球団名に込められた願い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT