ポケモンGOで跳ねた任天堂の適正株価とは?

このヒットだけでは生き残れない

任天堂は「ポケモンGO」だけでは生き残れない。同社を長年ウォッチして来た有力アナリストは、そう断言する。その理由とは?

「ポケモンGO」で株価が急騰後、急落した任天堂。ここへきて、株価がジワリと上昇してきた。9月6日現在の株価は2万3550円だ。もっとも、上昇したといっても、7月の3万2700円には届いていないばかりか、2007年1月の史上最高値7万3200円には遠く及ばない。同社の株価は、どれくらいが適正なのだろうか。

任天堂には本当に「成長ストーリー」があるのか

通常、証券アナリストが、ある企業の投資判断をする際(その企業の株式は「買い(Buy)」なのか、「中立(Hold)」なのか、「売り(Sell)」なのかの判断)、「理論株価」を算出して行う。

計算の方法は、企業が将来にわたって、稼いで生み出すキャッシュフローを、現在価値に割り引くことによって算出される。株価は、短期的には、外的要因(為替動向、財政・金融政策、地政学リスク、投資家心理など)で上下するものだが、中期的には、この理論株価に収斂する。

中長期的な成長ストーリーがないと、株価は持続的に上昇しない。この点で、任天堂は、今後どのようなビジネス戦略をとっていくことによって、業績を回復させ、拡大させていくのか(前期の純利益は最高益だった2009年3月期の2790億円のわずか約6%にしかすぎない)。これらを投資家に、より具体的かつ明確に説明して納得させることが必要である。

今風に言えば、こうした戦略をとることにより、国内外の投資家に「いつまでにROE(株主資本利益率)を8%以上にできるか」など、説得力をもって説明することが求められる。

株式は、「期待」で買われるものだ(実際「ポケモンGO」現象で裏付けられた)。それゆえ、今でこそ業績は振るわないが、「今後はこうした戦略をとる計画で、来年度にはこれくらいの利益が期待できる」など、説得力をもって「投資家との対話」をすれば、株価は上がるものだ。

次ページ任天堂にとって、いま必要なことは二つある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。