ポケモンGOで跳ねた任天堂の適正株価とは?

このヒットだけでは生き残れない

 「ファミコン」を大ヒットさせる以前、任天堂が何度となく倒産の危機に陥ったことがあるのは有名な話だ。そのつど大きな力を発揮したのは、創業家の社長である故・山内溥氏だった。

山内氏ほど、ゲームビジネスに関するカリスマ的なセンスをもった人物はいないだろう。「DS」は二画面をもった携帯ゲーム機だが、当初は、クリエイターの宮本茂専務やクリエイター出身の故岩田聡前社長の意向で一画面であったものを、山内氏が二画面を主張して、それが実現し、世界的大ヒットとなった。

こうして見ると、画期的な携帯ゲーム機をつくるのは、山内氏が不在の現状では、任天堂にとって非常に困難なことであるとみられる。岩田前社長は「3DS」および「Wii U」の販売不振、それに伴う業績低迷で、大いなる危機感をもった。それゆえ、「汎用機」であるスマホゲームのアプリビジネスで稼ぐ戦略に舵を切ったわけである。

今回の「ポケモンGO」とは何か。それは、任天堂自身が、世界的に普及しているスマホという携帯汎用機向けに「初めて本格的に投入したゲーム」であり、同時に「強力なキャラクター(IP)を採用した、斬新な面白さをもったゲーム」である。従来型に比べれば「利幅は小さい。だが、広範囲に稼げる」のが特徴だ。この形しか、同社の活路は残されていない、といってもよいだろう。

現時点でも、同社はあくまで「これまでどおり、ソフト主導で、ハード・ソフト一体型のユニークなビジネスを経営の中核としていく」としている。だが、筆者はこれを捨てることこそ、今後の同社の持続的成長にとって必要なのではないかと考える。

自社で「スマホアプリ」を開発する能力確立を

任天堂は、ゲーム専用機向けのソフト開発力を有している。宮本専務がリーダーシップをとり、また、同氏の後継者たちも育ってきていると思われる。しかしながら、スマホアプリの開発については「新人」である。今後、スマホアプリの開発力を強化していくことが必要不可欠となってくる。

このスマホアプリの自社開発において、数多くの世界的な人気を誇るキャラクターを有していることは、任天堂の唯一の、しかし強力なアドバンテージである。極端にいえば、開発コードネーム「NX」の開発を中止してでも、現在は、「売れるソフト」づくりに注力すべき時であろう。さらに出資している米ナイアンティック社(グーグルからのスピンアウト組が設立した米ベンチャー企業)からは、多くのことを学ぶことができるはずだ。

以上のように、①ビジネスモデルの転換と、②画期的なスマホアプリソフトをつくることができる企業に、任天堂が変身することが重要なのだ。

任天堂は、ソニーのように、自社で工場をもち、ハードを生産する企業ではない「ファブレス企業」である。それゆえ、任天堂は、高性能なゲーム機をつくることは不得手だが、「アイディア企業」として、いままでゲームビジネスの最前線を走ってきた。これからも、そうした企業として持続的な成長を目指すしかない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT