ポケモンGOで跳ねた任天堂の適正株価とは?

このヒットだけでは生き残れない

つまり、同社の「成長ストーリー」(=おカネ(自己資本あるいは他人資本)を使ってどう成長させるか。専門用語ではエクィティ・ストーリーという)が求められているわけである。

では今、任天堂にとって必要なことは何か。それは二つある。第一に、「ビジネスモデルの転換」、第二に、「スマホアプリにおいて自社開発能力を確立すること」である。

旧来型のゲーム専用機メーカーの典型的なビジネスモデルとは、任天堂が生み出したものだった。

すなわち、自前のハードを売って、契約を結んでいる他社(サードパーティ)のソフトメーカーから、ソフトの委託生産料やロイヤルティ(自社ハード対応ソフトを開発する際のロイヤリティ収入)を取って稼ぐ。あるいは、自社ソフトを売って稼ぐ。ハードでは収支トントン(あるいは赤字)に押さえて、その機種モデルを世に広め、ソフトで稼ぐ。いわば、ハードとソフトを一体と考えて売り、それで利益を上げるというシステムである。

任天堂は「従来型のビジネスモデル」を捨てよ

しかし、このビジネスモデルは、スマホ向けのゲームコンテンツの人気が高い現状では、世界的に通用しなくなりつつあるといえる(ただし、欧米で「高精細な映画的なゲーム」を楽しめる高性能ゲーム専用機をつくることができるソニーとマイクロソフトは例外である)。

もはや、据え置き型ゲーム機は、昔のように「面白い仕掛けをもったゲームソフト」をもってしても、売れなくなってきた。例外であったのが任天堂の「Wii」だったが、そのブームも終焉した。実際「Wii U」は失敗に終わった。

任天堂のこれからの活路は、「携帯型ゲーム」で利益を生み出すことである。自前で、「斬新な面白さをもったゲームソフト」を生み出す機能がついた携帯ゲーム機をつくり、大きな利益を享受することができるならよい。だが、世界的人気を誇った「DS」の後継機の「3DS」は不発なので、あまり期待はできない。自社製品である「3DS」向けの任天堂製ソフトも、画期的な面白さをもったゲームはないといっても過言ではない。

次ページ任天堂が生き残るためには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT