任天堂の新ゲーム機「スイッチ」によぎる不安

発売後2週間が鍵

 1月13日、任天堂は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。写真は新型ゲーム機を発表する同社の君島社長(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。ただ、発売時期は最大の商戦期となる年末ではなく3月だ。

価格設定、タイトル数、モバイルとの連携のいずれも市場の高い評価を得たとは言い難く、不安もよぎる。

80タイトル開発中

「新しい娯楽の世界を提供したい」──。君島達己社長は13日の発表会で胸を張った。

スイッチ本体には液晶画面がついており、据え置き型ゲーム機としても、ドックから取り外して携帯ゲーム機としても遊べるのが特徴。2つのコントローラーは本体から着脱可能で、複数人で遊ぶこともできる。

発売と同時に人気ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」など8タイトルを投入。夏に「スプラトゥーン2」を、冬に「スーパーマリオ オデッセイ」を発売する。現在、ソフトメーカー各社が80タイトル以上を開発中という。

2012年12月に投入した「Wii U」はソフトの投入が遅々として進まず、これがユーザー離れの原因となった。大ヒットとなった「Wii」は全世界で1億台以上を販売したのに対して、「Wii U」は9月末現在で1336万台にとどまっている。同社の据え置き型ゲーム機で過去に最も売れなかったゲーム機として、同社の低落懸念をかき立てる結果になった。

次ページ満を持して発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT