任天堂の新ゲーム機「スイッチ」によぎる不安

発売後2週間が鍵

 1月13日、任天堂は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。写真は新型ゲーム機を発表する同社の君島社長(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発表した。4年前に投入した据え置き型ゲーム機「Wii U」が事実上失敗しただけに、新型機にかける同社の期待は大きい。ただ、発売時期は最大の商戦期となる年末ではなく3月だ。

価格設定、タイトル数、モバイルとの連携のいずれも市場の高い評価を得たとは言い難く、不安もよぎる。

80タイトル開発中

「新しい娯楽の世界を提供したい」──。君島達己社長は13日の発表会で胸を張った。

スイッチ本体には液晶画面がついており、据え置き型ゲーム機としても、ドックから取り外して携帯ゲーム機としても遊べるのが特徴。2つのコントローラーは本体から着脱可能で、複数人で遊ぶこともできる。

発売と同時に人気ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」など8タイトルを投入。夏に「スプラトゥーン2」を、冬に「スーパーマリオ オデッセイ」を発売する。現在、ソフトメーカー各社が80タイトル以上を開発中という。

2012年12月に投入した「Wii U」はソフトの投入が遅々として進まず、これがユーザー離れの原因となった。大ヒットとなった「Wii」は全世界で1億台以上を販売したのに対して、「Wii U」は9月末現在で1336万台にとどまっている。同社の据え置き型ゲーム機で過去に最も売れなかったゲーム機として、同社の低落懸念をかき立てる結果になった。

次ページ満を持して発売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。