ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

池上彰・佐藤優の共著が2週連続の第1位!

池上彰氏、佐藤優氏の共著が2週連続の1位に!(写真:KAORU / PIXTA)

毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月25日から31日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月25~31日)のランキングでは、テレビでおなじみの池上彰氏と、あらゆる問題への深い分析に定評のある佐藤優氏の「情報収集術」をまとめた『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)が2週連続でトップに輝いた。本書は発売1カ月足らずで、すでに12万部のベストセラーになっているという。

前週309位から22位にランクアップしたのが、1000人以上を指導したJALの元客室乗務員である七條千恵美氏の『接客の一流、二流、三流』(明日香出版社)だ。ダ・ヴィンチニュースで取り上げられ、注文が集まったという。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。