ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

池上彰・佐藤優の共著が2週連続の第1位!

池上彰氏、佐藤優氏の共著が2週連続の1位に!(写真:KAORU / PIXTA)

毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月25日から31日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月25~31日)のランキングでは、テレビでおなじみの池上彰氏と、あらゆる問題への深い分析に定評のある佐藤優氏の「情報収集術」をまとめた『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)が2週連続でトップに輝いた。本書は発売1カ月足らずで、すでに12万部のベストセラーになっているという。

前週309位から22位にランクアップしたのが、1000人以上を指導したJALの元客室乗務員である七條千恵美氏の『接客の一流、二流、三流』(明日香出版社)だ。ダ・ヴィンチニュースで取り上げられ、注文が集まったという。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT