ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

池上彰・佐藤優の共著が初の第1位を獲得!

冬休み、暖かい部屋で読書はいかがでしょうか?(写真:Goodluz / PIXTA)

毎週火曜日に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月18日から24日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月18~24日)のランキングでは、池上彰氏、佐藤優氏の共著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)がトップに輝いた。テレビでおなじみの池上氏と、あらゆる問題への深い分析に定評のある佐藤氏の「情報収集術」をまとめた本書は、すでに12万部のベストセラーになっているという。

先週844位から今週12位へと劇的なランクアップを果たしたのが、フィリップ・E・テトロックとダン・ガードナーの共著『超予測力』(早川書房)。18日付けの日本経済新聞の記事で注目を集めたもようだ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。