ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

池上彰・佐藤優の共著が初の第1位を獲得!

冬休み、暖かい部屋で読書はいかがでしょうか?(写真:Goodluz / PIXTA)

毎週火曜日に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月18日から24日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月18~24日)のランキングでは、池上彰氏、佐藤優氏の共著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)がトップに輝いた。テレビでおなじみの池上氏と、あらゆる問題への深い分析に定評のある佐藤氏の「情報収集術」をまとめた本書は、すでに12万部のベストセラーになっているという。

先週844位から今週12位へと劇的なランクアップを果たしたのが、フィリップ・E・テトロックとダン・ガードナーの共著『超予測力』(早川書房)。18日付けの日本経済新聞の記事で注目を集めたもようだ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?