ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

池上彰・佐藤優の共著が初の第1位を獲得!

冬休み、暖かい部屋で読書はいかがでしょうか?(写真:Goodluz / PIXTA)

毎週火曜日に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月18日から24日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月18~24日)のランキングでは、池上彰氏、佐藤優氏の共著『僕らが毎日やっている最強の読み方』(東洋経済新報社)がトップに輝いた。テレビでおなじみの池上氏と、あらゆる問題への深い分析に定評のある佐藤氏の「情報収集術」をまとめた本書は、すでに12万部のベストセラーになっているという。

先週844位から今週12位へと劇的なランクアップを果たしたのが、フィリップ・E・テトロックとダン・ガードナーの共著『超予測力』(早川書房)。18日付けの日本経済新聞の記事で注目を集めたもようだ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT