ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング

1位は「会議でスマートに見せる100の方法」

トップは『会議でスマートに見せる100の方法』!(写真:gladkov / PIXTA)

毎週火曜日に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月11日から17日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月11~17日)のランキングでトップに輝いたのは、サラ・クーパー氏の『会議でスマートに見せる100の方法』(早川書房)だ。筆者は「YAHOO!、Googleを経て、現在、無期限の休養中(本書の裏技を実践したため)」とのことで、実践には注意が必要かもしれない。

2位には、『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』(東洋経済新報社)がランクインした。東洋経済オンラインの記事「日本は、ついに『1人あたり』で韓国に抜かれる」で注目を集めた模様だ。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~49位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。