ビジネス書「売れ筋」トップ200冊ランキング

1位は「弥生会計オンライン推薦」のあの本!

今週もっとも売れたのは、どんなビジネス書でしょうか(写真:shimi / PIXTA)

毎週火曜日に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、12月4日から10日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(12月4~10日)のランキングでトップに輝いたのは、税理士である杉田栄樹氏の『ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 儲かる会社の会計と経営がよくわかる本』(ソーテック社)。同社が行ったキャンペーン(12月6~7日)が功を奏した模様だ。

12月9日発売ながら一気に4位に躍り出たのが、『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』(東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事「『1人あたり』は最低な日本経済の悲しい現実」で注目を集めた。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。 

次ページ1~49位は?
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。