「残業時間が少ない」トップ100社ランキング

一番少ない会社は月の残業時間が1時間6分

残業時間が長くても、情報開示している企業は、そうでない企業よりも信頼できる(写真:プラナ / PIXTA)

「残業時間が少ない会社に入りたい」と思う学生は多いらしい。確かに最近、残業が多い会社は「ブラック企業」と批判され、若い社員に気を使って「残業を命じにくい」という中年上司も増えていると聞く。

以前は長時間労働を推奨していた経営者の中にも、「残業をなくしていく」という方針に変えるケースが増えている。学生だけでなく社会全体で長時間労働の認識が大きく変わりつつあるようだ。国も一億総活躍社会の実現のため、働き方改革実現推進室を設置し、長時間労働の是正に乗り出している。

では、CSR(企業の社会的責任)に積極的な会社の残業時間は、どのようになっているのだろうか。

そこで今回は、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2017年版の月平均残業時間のランキングを作成(対象は742社)。残業時間が少ない会社を紹介する。残業手当を開示している会社は金額も掲載した。

1位は日本フエルトとハーバー研究所

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

ランキング1位は月平均の残業が1.1時間(1時間6分)で日本フエルトハーバー研究所の2社が並んだ。日本フエルトは紙・パルプ用フェルト市場で高いシェアを誇り、台湾子会社経由で中国などアジアも開拓する。

従業員数は467人で男性平均勤続年数は20.8年(371人)、女性21.3年(96人)と女性の方が長い。一般的に女性の勤続年数が男性を上回る会社は働きやすいと言われる。同社もその可能性が高そうだ。

同じく1位のハーバー研究所は女性比率が高い会社。全従業員472人のうち、女性は434人(女性比率91.9%)。女性管理職比率50%、女性部長比率40%、女性役員比率20%と、女性の比率はいずれも高い。仕事と家庭を両立する女性も多く、残業が少ない職場となっているのだろう。

3位は北國銀行で残業時間は1.3時間。銀行だけでなく金融機関でもトップだった。

以下、4位日本ケミファ1.5時間、5位クラスターテクノロジー1.6時間、6位ジーンズメイト1.7時間、7位山喜ダイニチ工業の2時間、9位下医科器械(2.1時間)、10位東亞合成(2.3時間)が続く。 

次ページ全742社平均は月18.9時間
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。