日本人が知らない「ネイマールが脱税」の真相

バルセロナとサントスの間でカネが消えた

ネイマールのバルセロナ移籍に絡む脱税騒動は、どこへ向かうのか(写真:AP/アフロ)

スペインサッカー、と言えば現在、世界で最高のプレーヤーだと目されるリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがプレーしていることでよく知られている。メッシはFCバルセロナ、ロナウドはレアル・マドリードというスペインサッカー界の両雄とされる名門クラブにそれぞれ所属している。

そんな中で、両チームともに彼ら2人の後継者をどうするのか、という課題が浮上していた。そこで、スポットライトが当たったのが、ブラジルのネイマールだった。

2チームがネイマールを奪い合った

ネイマールに先に目をつけたのは、レアル・マドリード。ネイマール自身はメッシのいるバルセロナでプレーすることを望んでいたようであった。そこで、バルセロナで当時会長だったサンドロ・ロセイル氏が、早速、それに応えようと動き出したのであった。

もちろん、それはレアル・マドリードに知られないように水面下での動きであったという。その成果あって、ついにネイマールとの正式契約にこぎ着けたのだった。しかし、そこに至るまでには、契約上のいろいろなからくりがあったのである。それが今年、ネイマールに絡む脱税事件という形で表面化したのだ。

スペインの検察当局が11月23日、バルセロナでプレーしているブラジル出身のネイマールに対し禁錮2年の求刑をしたニュースは日本でも報道された。しかし、どの報道内容も断片的で、理解するのに説明不足が否めない感がある。そこで今回の事件についてわかりやすく説明してみたい。

次ページネイマールの移籍金は、本当はいくらだったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT