日本人が知らない「ネイマールが脱税」の真相

バルセロナとサントスの間でカネが消えた

バルセロナでこの不正移籍に絡む事件に直接関与していたのは、前会長サンドロ・ロセイル氏である。

検察は、この脱税事件に関与している者に対して次のような判決を求めている。

・ネイマール 禁錮2年と罰金1000万ユーロ
・ネイマールの父親 
禁錮2年
・ネイマールの母親 
禁錮1年
・サンドロ・ロセイル(バルセロナ前会長) 
禁錮5年と罰金1000万ユーロ
・バルセロナ 
脱税などで844万ユーロ
・オディリオ・ロドリゲス(サントス前会長)
 禁錮3年
・サントス 
脱税で700万ユーロ

またDISはバルセロナのバルトメウ現会長も当時、副会長を務め、この脱税事件に関与しているとして禁錮8年を求めている。また、サンドロ・ロセイル前会長にも同様の禁錮8年を要求している。

そして、DISは損害賠償として1億5900万~1億9500万ユーロ(182億~224億円)の間での賠償金を要求している。

仮に検察が求めるとおりの判決が下されると、ネイマールは刑に服している間は欧州連合でのプレーは禁止となる。しかし、実際には、この判決が下されても、禁錮2年は執行猶予が認められ、通常の場合は保釈金を払えばプレーできるようになる。

ユーロ圏では財政支出の削減が現在も政府の主要政策になっている。その一貫として、現在、スペイン政府が力を入れているのが高額で契約しているスポーツ選手にまつわる脱税調査だ。ネイマールの今回の脱税疑惑もその一貫として摘発されたものである。

スペインリーグの「金持ちチーム」は2つだけ

今回のようなネイマールに絡む事件に関していうと、スペインリーグでメッシ、ロナウド、ネイマールといった超高額年俸の選手は一握り。スペイン1部リーグに参戦している20チームの中で超高額年俸を払えるチームはレアル・マドリードとFCバルセロナの2チームだけである。

その後に名門クラブとしてアトゥレティック・デ・マドリード、バレンシア、アトゥレティック・デ・ビルバオ、レアル・ソシエダーといったチームがそれに続いている。しかし、どのチームも巨額の負債を抱えているのも事実である。

とは言っても、不思議なことに世界の優秀な選手と契約する金額という面で見ると、スペインリーグは英国リーグに次いで契約金総額が大きいリーグとされている。スペインではサッカーは国技のようなもの。それだけにファンの層も分厚い。またそれがメディアなども巻き込んだ巨大なビジネスとなり、大金が動くということを、あらためて実感させられた今回の騒動である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT