親が子どもにうっかり授ける「裏の教育」 「人格否定しなければ叱っていい」は大間違い

拡大
縮小

そうすると、何かをできていない友達を見つけると、とがめたり責めたりするようになってしまう。弟や妹に対しても、同様です。

親が意図した「表の教育」は身に付かなくて、意図しない「裏の教育」だけが身に付いてしまう。「裏の教育」っておそろしいんですよ。

「勉強しないとおやつ抜きだよ」とか「片づけしないと、テレビ見られないよ」って言う「罰則型」の親御さんも多いですけれど、あれも同じです。それで勉強とか片付けとかをするようにはならないんですね。

代わりに何が身に付くかというと、「罰則型」の言葉です。お友達に対して「何々しないと、遊んであげないよ」とか言うようになる。

そうやって必ず、意図しないものが伝わるんだよね。

忘れ物する子は叱っても直らない

それからよく「子どもが忘れ物をしても、ほうっておけばいいんだ。困ったほうが、自分で懲りて直るから」っていう親御さんがいるけれど、これも間違いです。わたしの経験だと、こういう「自業自得方式」で直った子はひとりもいません。

忘れ物が直るって、簡単な話じゃないんですよ。まず自己管理力が必要だし、整理整頓能力、段取り力、意思力とか、いろんな能力が総合的に必要なことだから。それに、モチベーションも重要です。「忘れ物しちゃいけない!」って強烈に思うこと。子どもは、そういうのがないんだよね。

ほうっておいて直るとしたら、もっとずっと大きくなってからですよ。忘れ物をして「ああ、おれは本当にこのままじゃ困るな。今のうちに直さなきゃ、おれの将来真っ暗だ」と思うような経験をして初めて、強いモチベーションが生まれてくるので。

その代わりに子どもは「自業自得方式」を身につけます。たとえばお友達が忘れ物をしたときに、そういう子は助けてあげない。だって、それで困ったほうが本人のためになる、と思っているから。無意識的に、そういう行動になってしまうんです。

――なるほど。では忘れ物が多い子の親はどうすればいいんでしょう?

手伝ってあげて、いいんですよ。「手伝ったら、自分でできるようにならないからダメ」なんていう人もいるけれど、そんなことはない。そういうのも、親や先生の太古からの思い込みのひとつですよね。

最初は親がいっしょに準備をして、やり方を教える。次に「自分で準備してごらん」と言って横で見ていて、最終チェックをしてあげる。次の段階は、決まった時間が来たら自分で準備をさせる、といった具合です。

ステップバイステップですよね。三歩進んだら二歩下がるかもしれないし、それでも直らない子はいるんだけど(笑)、「ほうっておけば直る」ってことだけは絶対にありません。

――手伝ってあげていいと聞いて、なんだかほっとしました。叱る必要はないわけですね。

そうです。「何々しなきゃダメじゃん! なんでしないの?」なんてとがめる必要は全然ない。そうじゃなくて、もっと工夫してください、というのが私が一番言いたいことです。

(次回は12月31日に公開予定です)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT