「子だくさん家庭」希望の男性が危ない場合

支配欲と独占欲のあらわれかもしれない

子どもの人数にこだわる男は要注意!?(写真 :tomos / PIXTA)
弁護士の堀井亜生です。私は、これまで1500件以上の離婚や婚約破棄などの男女問題に関する事件を取り扱ってきました。なぜ離婚や破談になってしまったのか、それぞれの事例をひもといていくと、多くの場合、結婚前に彼氏のブラック性を示すサインが何らかの形で出ていて、そのリスクが結婚後に顕在化しただけに過ぎないということがわかってきました。
こちらの連載では、一見すると高スペックなのに、結婚した後でとんでもない事故物件だったことが発覚してしまう「ブラック彼氏」を紹介していきます。ご紹介するブラック彼氏は、必ずしもみなさんにとってNGではなく、女性のタイプによって合う合わないさまざまです。恋愛と結婚で失敗しないためのポイントを知っていただき、ひとりでも多くの女性たちが自分に合った良きパートナーと巡り合い、幸せな結婚生活を送れるよう願っています。

 

 <本日のブラック彼氏>
「野球チームが作れるくらい」子どもが欲しい男
・結婚したら子どもが欲しいという
・子どもの数は多ければ多いほうがいい
・出産費用や教育費については考えていない

子どもの有無でなく、人数にこだわる男には注意

「結婚して、子どもをいっぱい作ろう!」が、昔はプロポーズの言葉だったという話を聞いたことがありますが、今の時代、そんな男には要注意。隠れDV系の気質があります。

モラハラ系は「子どもができたら結婚しよう」と言いますが、DV系は「結婚したら子どもが欲しい」と言います。「最低でも子どもは3人欲しい」「野球チームが作れるくらい、子どもが欲しい」「子どもは多ければ多いほどいい」などと、子どもの有無ではなく人数の多さにこだわる男性には、特に気をつけましょう。

彼らDV系が子どもをたくさん欲しがるのには、2つ理由があります。

次ページ家族を自分の支配下に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。