フェラーリの4シーター「GTC4ルッソ」の真髄

ゆっくり走っても踏み込んでも楽しめる

来春日本上陸となるフェラーリ 「GTC4Lusso」

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

販売価格3470万円~。フェラーリ 488GTBより価格は高いが、狙ったターゲットは10歳低い!若い世代は、よりなんでもできるフェラーリを求め始め、その答えが来春日本上陸となる『GTC4Lusso』なのである。

戦後生まれのフェラーリ社は、そもそも“公道走行も可能なレーシングカー”の製造者だった。

60年代になってようやく、公道専用としてのGTロードカーを造り始める。そしてそれは、12気筒エンジンをフロントに積んだ2+2のベルリネッタ(クーペ)、というのが基本パッケージであった。

このGTC4ルッソは、その子孫だ。車名は2つの伝統的な名前にちなんだもの。GTCは読んで字の如くGTクーペのこと。60年代後半にラインナップされた330GTCや365GTCに由来する。4は4シーター。そしてルッソは、60年代前半の名車250GT時代における豪華ツアラーの名前で、“贅沢”=ラグジュアリィを意味するイタリア語である。

北イタリアは南チロルで開催された国際試乗会。パールホワイトボディに濃紺インテリアという、乗り手のファッションも問われる装いのGTC4ルッソに乗り込む。

次ページ乗り心地はどうなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT