フェラーリの4シーター「GTC4ルッソ」の真髄

ゆっくり走っても踏み込んでも楽しめる

 

来春日本上陸となるフェラーリ 「GTC4Lusso」

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

販売価格3470万円~。フェラーリ 488GTBより価格は高いが、狙ったターゲットは10歳低い!若い世代は、よりなんでもできるフェラーリを求め始め、その答えが来春日本上陸となる『GTC4Lusso』なのである。

戦後生まれのフェラーリ社は、そもそも“公道走行も可能なレーシングカー”の製造者だった。

60年代になってようやく、公道専用としてのGTロードカーを造り始める。そしてそれは、12気筒エンジンをフロントに積んだ2+2のベルリネッタ(クーペ)、というのが基本パッケージであった。

このGTC4ルッソは、その子孫だ。車名は2つの伝統的な名前にちなんだもの。GTCは読んで字の如くGTクーペのこと。60年代後半にラインナップされた330GTCや365GTCに由来する。4は4シーター。そしてルッソは、60年代前半の名車250GT時代における豪華ツアラーの名前で、“贅沢”=ラグジュアリィを意味するイタリア語である。

北イタリアは南チロルで開催された国際試乗会。パールホワイトボディに濃紺インテリアという、乗り手のファッションも問われる装いのGTC4ルッソに乗り込む。

次ページ乗り心地はどうなのか
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。