フェラーリの4シーター「GTC4ルッソ」の真髄

ゆっくり走っても踏み込んでも楽しめる

まずは観光客で混雑した一般道をゆるゆる走る。そういう場面で、ドライバーを急かさないのが、良いラグジュアリィカーというもので、GTC4ルッソは、急かす代表格のフェラーリであるにもかかわらず、ちゃんとそんな穏やかさを備えている。広い視界にダッシュボード周りのラグジュアリィだが整頓された雰囲気づくり、ソリッドながらショックの吸収力に優れたアシが生み出す乗り心地、そしてシルキーかつ静かに唸るV12にマナーのいいトランスミッションの組み合わせ、の賜物と言っていい。

高速クルーズでの安定感は、フェラーリ史上、最高クラスだ。流していても、追い越し加速に転じても、ドライバーを不安に陥れる要素はみじんもない。

もちろん、そんな“高級車”であっても、ひとたび空いたワインディングに解放してやれば、とびきりのスポーツカーに、否、フェラーリに、変身する。

何が素晴らしいといって、タイトなコーナーでの旋回性能だった。可変ホイールベースとはよくいったもので、トルクヴェクタリングの効きも鮮やかに、ドライバーの多少の無理も気持ちよく飲みこみ、華麗なコーナーワークをみせた。全長5mの大型クーペを扱っているとは、とても思えないほど。

圧巻は高回転域をキープしながらの加速フィールだ。足、腹、脳へと突き上がるサウンドを楽しみながらの加速は、スリリング一辺倒ではなく、嗜みを知るオトナの“激速”仕立て。ブレーキのタッチやフィールも上質そのものだ。

ゆっくり走らせても、そしてもちろん踏み込んでも、気分がいい。フェラーリの新境地である。

フェラーリであることを忘れていたら……

「コンフォート!コンフォート!」。トスカーナの国際試乗会で聞こえてきたのは、史上もっとも「快適な」フェラーリという感想だ。彼らはこれを「デイリーフェラーリ」と呼び、ベビーシートだって積めるし、中型犬だって穏やかにトランクに載せられそうだ。

つまり、家族でワイワイできるフェラーリなのである。であるからして、“フェラーリのSUV”と表現したくもなるが、しかし、これはSUVではない。フェラーリは決して、SUVは出さない。GTC4Lussoの「C」はまぎれもなくクーペのCであり、右足の指の力加減で一瞬にして、いかなる紳士も魅了する「フェラーリの音」を奏でる大怪物なのである。

(文・西川淳)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT