「計画倒れに終わる人」は時間管理が甘すぎる

やるべきことに集中するための3原則

「入れかえ」のために 重要・緊急マトリクスを使う

 まず緊急度を横軸、重要度を縦軸とする。そして右上から第Ⅰ事象が「重要・緊急」、右下の第Ⅱが「重要・非緊急」、左下の第Ⅲが「非重要・緊急」、左上の第Ⅳが「非重要・非緊急」を置く。そこにまず、現状抱えている仕事や、行なっていることをプロットしていく。

実際に仕事をプロットする場合の基準としては、重要度については3段階に分けて、上位の2つを重要領域に、最下位を非重要領域に置く。緊急度については3カ月未満の話であれば緊急、3カ月以上であれば非緊急に置けばいい。

ちなみに先ほどの「捨てる」プロセスをこのマトリクスで行なってもいい。いざ自分の時間の使い方をマトリクスで整理してみると、「非重要」領域に属する仕事が想像以上に多いことに気づくだろう。

次ページ自分にとっての「無駄」を省くために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT