「計画倒れに終わる人」は時間管理が甘すぎる

やるべきことに集中するための3原則

「入れかえ」のために 重要・緊急マトリクスを使う

 まず緊急度を横軸、重要度を縦軸とする。そして右上から第Ⅰ事象が「重要・緊急」、右下の第Ⅱが「重要・非緊急」、左下の第Ⅲが「非重要・緊急」、左上の第Ⅳが「非重要・非緊急」を置く。そこにまず、現状抱えている仕事や、行なっていることをプロットしていく。

実際に仕事をプロットする場合の基準としては、重要度については3段階に分けて、上位の2つを重要領域に、最下位を非重要領域に置く。緊急度については3カ月未満の話であれば緊急、3カ月以上であれば非緊急に置けばいい。

ちなみに先ほどの「捨てる」プロセスをこのマトリクスで行なってもいい。いざ自分の時間の使い方をマトリクスで整理してみると、「非重要」領域に属する仕事が想像以上に多いことに気づくだろう。

次ページ自分にとっての「無駄」を省くために
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT