ラニーニャ発生で今年の冬は相当寒くなる?

11月に54年ぶりに東京で初雪もしかして

ラニーニャ発生で今年の冬は寒くなる?(写真:Kazuhiro Konta/PIXTA)

長いエルニーニョ現象が2016年の春に終わり、秋からはラニーニャ現象が発生しています。そのことが、11月下旬にもかかわらず東京都心部で54年ぶりに雪が降っていることとも関係があるかもしれません(本当に関係があるのかどうかは、大気の状態などを詳しく解析しないとわかりませんが…)。そもそも、ラニーニャ現象っていったい何なのか、そして日本付近ではどんな異常気象が発生するのか。気象予報士の資格を持つサイエンスライター、今井明子が解説します!

エルニーニョ現象という言葉を耳にしたことのある人は多いはずです。この現象は、東太平洋の赤道付近、つまり南米ペルー沖付近の海面水温が平年より高い状態が、だいたい1年以上続く現象のことをいいます。

昔から、ペルー沖では毎年クリスマスごろに小規模な暖流が現れ、カタクチイワシが不漁になりました。この現象のことを現地では「エルニーニョ(スペイン語で幼子イエス・キリストの意味)」と呼んでいたのですが、数年に一度、春になっても水温が下がらないことがありました。今ではこちらのほうを「エルニーニョ現象」と呼んでいます。

ラニーニャはスペイン語で「女の子」

最近では2014年夏から2016年春までの、約2年弱もの期間に、エルニーニョが発生していました。このとき、東太平洋の赤道付近では、海面水温が基準値(前年までの30年間の海面水温を月別に平均した値)よりも3.0℃も上昇。これは、1949年以降のエルニーニョ現象の中では最も長く続き、3番目に大きな温度上昇幅だったので、史上最大級のエルニーニョといってもよいでしょう。このため海外では「ゴジラエルニーニョ」「スーパーエルニーニョ」などと呼ばれています。

そして、今年の秋からはラニーニャ現象が発生しました。ラニーニャとはスペイン語で「女の子」の意味で、エルニーニョとは反対の、東太平洋の赤道付近の海面水温が平年よりも低くなる現象のことを指します。前回のラニーニャは2010年夏~2011年春に発生していたので、約5年ぶりの発生ということになります。

エルニーニョとラニーニャは、世界中に異常気象をもたらすことで知られています。一般的に、エルニーニョが起こると冬は暖冬に、夏は冷夏になるといわれています。実際に、2016年の冬は記録的な暖冬になりました。

次ページラニーニャはなぜ発生するのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。