「ユニクロが暖冬で失速」に納得できない理由

僕たちは幻想にとらわれすぎてはいないか

暖冬なら冬物衣料が売れず、利益が稼げない?(写真:尾形 文繁)

「企業にとって『暑い』のと『寒い』のは、どっちがいいんでしょうね?」

日本テレビ『スッキリ!!』出演中のことだった。CM中に、いつも隣に座る森圭介さん(日テレアナウンサー)が私に問いかけた。その日のニュースでは、ユニクロ(ファーストリテイリング)が「暖冬のせいで衣料販売が振るわず業績が悪化した」と伝えられていた。

「気温の絶対値っていうよりも、気温変化に消費者は敏感ですよね。お盆終わりにコンビニでおでんが売れたり、あるいは春先にアイスが売れたり……」。私はこのような回答をした記憶がある。

4年ぶりの減益となったユニクロ

それがきっかけになって、私は気になってしまった。

「ユニクロが失速している」と報じられている。カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの今年度(2016年8月期)第1四半期(2015年9~11月期)は、売上高が5203億円と前年同期から8.5%増えた一方、本業の儲けを示す営業利益は759億円と同16.9%も下回り、同期間で4年ぶりの減益となった。

さらには、期初に示した通期(2016年8月期)の業績見通しをわずか3カ月で下方修正した。暖冬で冬物衣料の売れ行きが振るわないというのが、要因のひとつだ。2016年1月7日の同社資料「2016年8月期 第1四半期業績および通期見通し」には「暖冬」という単語が10回も登場する。

公平に評価しておくと、この業績水準は、なんだかんだいってすばらしいものだし、これをもって「失速」とは言い過ぎだろう。ただ、この冬は暖冬の傾向がみられるものの、それが本当にユニクロのようなアパレル系企業の業績へ致命的な影響を与えるのだろうか。

次ページ要因は「暖冬」だけか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT