「ユニクロが暖冬で失速」に納得できない理由

僕たちは幻想にとらわれすぎてはいないか

さらに、国内事業についても同じように分析してみた。ファーストリテイリングはカテゴリ定義を途中で変更していたり、営業利益ではなくセグメント利益になっていたりと、ややこしい。

しかし、それでもなお、明確な相関は見受けられない。

「仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。」(坂口 孝則著、幻冬舎、1300円+税)。仕事は「数」に置き換えればすべて解決する!人気カリスマコンサルタントがはじめて明かす、驚異の仕事術! 上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

うん、まあ、ということのようだから、気温はやはり一要因にすぎず、暖冬だけを業績悪化の悪者にしてしまうのは早計なのだろう。東洋経済オンラインも1月10日付で「ユニクロの失速は『暖冬』だけが原因ではない」という記事を配信しているように、実は値上げや海外事業の失速なども要因であり、会社側が強調する部分だけを鵜呑みにしてしまったら真実は読み解けない。

少なくとも日本のアパレル系企業で最大手のユニクロについては、暖冬と企業利益に明確な相関があると考えるのは、幻想にとらわれているようなものだ。

森さん、こういうことでよかったでしょうか。現場からは以上です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT