「ユニクロが暖冬で失速」に納得できない理由

僕たちは幻想にとらわれすぎてはいないか

私も、ときとしてメディアから誘導尋問的なインタビューを受けることがある。「今年は暖冬だったから、利益率が悪化した」とコメントさせたいとしか思えない質問が投げかけられる。もちろん気温は消費者の気持ちを左右させる。ただし、気温というのはひとつのファクターにすぎない。人気商品の不発もあるだろうし、逆に地道な努力で販売増に導くこともあるだろう。

気温だけにA級戦犯を背負わせてしまってよいのだろうか。

ユニクロ決算と気温の関係

過去のユニクロを振り返って、気温と業績にどんな関係があるか見てみよう。

気象庁のホームページから「過去の地域平均気象データ検索」ができる。そこから、東日本と西日本における気温の「平年差」を入手できる。平年差とは、簡単にいうと、これまで観測した平均値とくらべて特定年の平均気温がどれくらい高かったか、あるいは低かったかを示すものだ。それとユニクロ(ファーストリテイリング)の売上高営業利益率を比べてみた。

営業利益にしようか経常利益にしようか悩んだが、本業の儲けを示す営業利益が今回の趣旨にはふさわしいと考えた。

気象庁は3カ月ごとの平年差も出してくれている。そこでもっとも寒い、12~2月の気温が利益にどう影響するかを調べてみよう。ユニクロ(ファーストリテイリング)は上場企業のため、四半期決算を発表している。真冬に当たり、同社の第2四半期となる12~2月の業績との関係を見てみた。

縦軸に平年差、横軸に各年の営業利益率を置いたグラフをつくってみた。仮説が正しければ、暖冬ほど営業利益率は低く、厳冬ほど営業利益率は高くなる、つまりグラフは右肩下がりに見えるはずだ。

まず東日本の12~2月の平年差と営業利益率の関係を見てみたところ、そこには相関性がないように感じられる。統計では決定係数とよび、1に近づくほど、二つの項目は高い相関性をもつ。サンプル数は少ないものの、ファーストリテイリングにおける平年差と営業利益率に関して、決定係数は0.002にすぎない。

これらは西日本で見ても同様の結果だ。

次ページ西日本の場合は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT