どうすれば30代後半で経営にかかわれますか

キャリア相談 【Vol.14】 

何かにつけ不確実性の高い現代。一生安泰の仕事も、未来永劫つぶれない企業も存在しない。自分の仕事に明日があるのか――それをつねに考えておかないといけない時代だ。 この連載では、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談を募集。外資系金融、コンサル、ライブドア、企業再生コンサルなどを渡り歩き、数多くの業界やスタートアップに精通する塩野誠・経営共創基盤(IGPI)パートナーに、実践的なアドバイスをしてもらう。

(写真:ロイター/アフロ)
 【Vol. 14】 「経営にインパクトを与える仕事」がしたい
 現在、シンガポールで5年、経理・財務責任者をしています。USCPA、TOEIC 950点、30代後半です。
 念願の海外勤務ですが、今後のキャリアをどうするか悩んでいます。
 経理では、直接、会社経営に影響力のある仕事ができないと思い、より経営に関われる仕事を帰国後はやりたいと思っています。
ですが、経験がありません。
 コンサルタントになるか、M&Aのアドバイザーなどをやるか、投資銀行や商社で事業投資にかかわるか、事業会社でCFOを目指すか、あるいはMBAを取るか悩んでいます。
 年齢も考慮したうえで、どうしたらいちばん「グローバルに経営にインパクトを与える仕事」をできるか、アドバイスいただければと思います。
 よろしくお願いいたします。
         事業会社内の経理・財務責任者(シンガポールに出向中)

経理は「経営にかかわる仕事」ではないのか?

みなさん、こんにちは。東京はクチナシの花の香りを感じる今日この頃ですが、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

今回はシンガポールにいらっしゃる経理・財務責任者の方から、将来のキャリアに関するご質問です。ご質問者の方は30代後半ということで、すでに実務経験も長く、体力もまだあるかと思います。ある意味でいちばん、働くことのできる時期かもしれません。そうした方のご質問にお答えさせていただきます。

まず筆者は、今回のご質問で少し不思議に思ったことがあります。質問者の方は「経理では、直接、会社経営に影響力のある仕事ができないと思い、より経営にかかわれる仕事をやりたい」とおっしゃっていますが、シンガポールの経理・財務責任者は「経営にかかわる仕事」ではないのでしょうか? 

もしかしたら大企業のシンガポール現地法人にお勤めで、なかなか経営における意思決定の全体像がつかめないように思われているのかもしれません。ただ、「経理・財務責任者」とのことですので、「この年齢になっても会社がどうやって回っているのかわからないんだよね」という状況ではないと思います。

質問者の方はUSCPA、TOEIC 950点ということで、ハードスキルの基盤はあるようですし、ご自分のスキルセットからも現在の環境に納得されていないのかもしれません。一方、ここで他社に移ったとしても、また同じような仕事になり、しかもスケールダウンしてしまうかもしれません。社内でコースに乗っているのであれば、そのまま役員を目指すというオプションもあるのではないでしょうか。そこはしっかりと考えたほうがいいかと思います。

次ページ自己啓発系コンサルに陥るワナ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT