世界のタケミツは、いったい何がすごいのか

没後20年、世界での評価は高まるばかり

今年没後20年を迎えた武満徹(写真:Topfoto/amanaimages)

400年もの長い歴史を背景に持つクラシック界では、作曲家の生没年に起因したメモリアル・イヤーが毎年大きな話題となる。その中で、2016年最大の話題となった作曲家は誰かと言えば、間違いなく日本の武満徹(たけみつとおる)に違いない。

この連載の一覧はこちら

今年没後20年を迎えた武満の音楽は、年を追うごとにその評価を高め、今や世界中のコンサートホールで演奏が繰り返されるスタンダードな作曲家の1人に数えられるまでになっている。メモリアル・イヤーの今年は、“タケミツ・メモリアル”のサブタイトルを持つ東京オペラシティ・コンサートホールでの「没後20年武満オーケストラ・コンサート」や、Hakujuギター・フェスタ2016「武満徹へのオマージュ2」など記念のコンサートが目白押し。改めて武満徹の価値と魅力を実感する年になった。

といってもクラシックファン以外の方々にとってはおそらく未知の人物だろう。あらためて武満徹の人生とその魅力を振り返ってみたい。

大戦下で耳にしたシャンソンによって作曲に開眼

1930年10月8日、東京の本郷に生まれた武満徹は、保険会社に勤める父親の仕事に伴い生後1カ月で満州の大連に渡るが、小学校入学のために1人で帰国。その後学徒動員に駆り出された埼玉県飯能の山中で陸軍の食料基地を作る作業中、見習士官の一人が持参した手回し蓄音機から流れる音楽に運命的な出会いを感じて作曲家になることを決意する。

その音楽がリュシエンヌ・ボワイエというフランスのシャンソン歌手が歌う「パルレ・モア・ダムール(聞かせてよ、愛の言葉を)」であったことは、戦後しばらくしてから知ったという。

次ページ「弦楽のためのレクイエム」にまつわるエピソード
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT