子どもに「自分はダメ」と思わせる親の言葉

うっかり「誤った声かけ」をしていませんか?

いちばんの問題は、私たち親世代が偏差値教育の中で育ってきている点。自分自身、マイナス面を見ることが当たり前、弱点を克服していくことを当然と受け止めているからです。まず、大人である私たち自身が「できなかったこと」に目を向ける癖があることを認識する必要があります。

そしてその癖を直すために、まずは子どもの「できたこと」に目を向けるように意識をすることから始めてみましょう。

子どもが90点のテストを持って帰ってきたら、

「すごいね。宿題頑張ってたもんね」

と、結果ではなく勉強した「プロセス」を褒めてみる。30点でも、「30点取れたね」と言いつつ、点数のほかにもいいところはないかを探してみる。字をていねいに書いている、文章問題にマルがある、一生懸命計算した跡が残っている、などであれば、

「何回も頑張って計算したんだね」

と「できたこと」に注目して伝える。

そうすることで、子どもはプラス思考に変わっていきます。「できたこと」を見ることで、「ないない思考」から「あるある思考」へ転換します。それが子どもの自己肯定感を上げる第一歩になるのです。

強制的な禁止事項が多い

ほかにも自己肯定感を下げる要因として、学校には「禁止事項」の多いことも挙げられます。

・ベランダの柵に触ってはいけません

・廊下を走ってはいけません 

・図書室では話してはいけません

・倉庫の裏に行ってはいけません

このような「禁止事項」は、学校の規律や生徒の安全を守るために致し方ない面もあります。しかし禁止されている理由がわからない「筆箱にキーホルダーをつけてはいけない」といったものもあるようです。

「◯◯してはいけない」という禁止の言葉は強制ですから、素直な子どもたちは疑うことがありません。そしてそれ以上に考えることもありません。子どもの思考は、禁止された時点で停止してしまいます。

そこで子どもの思考停止を避けて、自主性や自信を育むために学校のルールを子どもたちで考えさせる手があります。

次ページ今あるルールに疑問をもたせる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT