ダイエット失敗は、"シロクマ理論"のせい?

9割の人が失敗する原因と、成功へのアプローチ

鍵はランニング、そして“ビッグスリー”?

有酸素運動はウォーキングも悪くはないが、効率を求めるならランニングのほうがずっといい。ウォーキングのおよその消費カロリー(kcal)は「体重(kg)×歩いた距離(km)÷2」で計算することができるので、体重70kgの男性が3km歩くと、約105kcalを消費したことになる。ちなみに3kmは早歩きでも30分ほどかかる。

では、その時間をランニングに切り替えるとどうなるか。1km6分ペースで走れば、30分で5kmを走ることができる。ランニングのおよその消費カロリーは「体重(kg)×走った距離(km)」で計算することができるので、消費カロリー(kcal)は350kcal 。同じ30分間の運動なら、ランニングはウォーキングの3倍以上も効率よくカロリーを消費することができるのだ。

ちなみに呼吸が乱れるほど速く走ると、無酸素運動の要素が強くなるので、体脂肪は燃焼しにくい。笑顔で会話できるくらいのペースで走るとちょうどいいだろう。

では、「筋トレ」は何をすべきなのか。カラダの中で最も大きい筋肉である「大胸筋」「大腿四頭筋」「背筋」の“ビッグスリー”を強化する種目を行うと効率的だ。種目でいうと、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」になる。

付け加えるなら、筋トレは毎日やるのは逆効果だ。筋肉は一度破壊されることで、さらに強くなろうとする。これを「超回復」という。この流れを繰り返すことで、筋肉は大きく、強くなっていく。運動強度や筋肉の部位によって変わってくるが、一般的に超回復するには48~72時間が必要になる。だから、筋トレは中2日ほど空けて行うのがベストタイミングだ。

ダイエットもビジネスも目の前の数字に踊らされてはいけない。「本質」を見失わずに、努力を重ねていけば、必ず「成功」に近づくことができる。くれぐれも、同じ「失敗」を繰り返すことだけはしないでほしい。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。