ダイエット失敗は、"シロクマ理論"のせい?

9割の人が失敗する原因と、成功へのアプローチ

鍵はランニング、そして“ビッグスリー”?

有酸素運動はウォーキングも悪くはないが、効率を求めるならランニングのほうがずっといい。ウォーキングのおよその消費カロリー(kcal)は「体重(kg)×歩いた距離(km)÷2」で計算することができるので、体重70kgの男性が3km歩くと、約105kcalを消費したことになる。ちなみに3kmは早歩きでも30分ほどかかる。

では、その時間をランニングに切り替えるとどうなるか。1km6分ペースで走れば、30分で5kmを走ることができる。ランニングのおよその消費カロリーは「体重(kg)×走った距離(km)」で計算することができるので、消費カロリー(kcal)は350kcal 。同じ30分間の運動なら、ランニングはウォーキングの3倍以上も効率よくカロリーを消費することができるのだ。

ちなみに呼吸が乱れるほど速く走ると、無酸素運動の要素が強くなるので、体脂肪は燃焼しにくい。笑顔で会話できるくらいのペースで走るとちょうどいいだろう。

では、「筋トレ」は何をすべきなのか。カラダの中で最も大きい筋肉である「大胸筋」「大腿四頭筋」「背筋」の“ビッグスリー”を強化する種目を行うと効率的だ。種目でいうと、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」になる。

付け加えるなら、筋トレは毎日やるのは逆効果だ。筋肉は一度破壊されることで、さらに強くなろうとする。これを「超回復」という。この流れを繰り返すことで、筋肉は大きく、強くなっていく。運動強度や筋肉の部位によって変わってくるが、一般的に超回復するには48~72時間が必要になる。だから、筋トレは中2日ほど空けて行うのがベストタイミングだ。

ダイエットもビジネスも目の前の数字に踊らされてはいけない。「本質」を見失わずに、努力を重ねていけば、必ず「成功」に近づくことができる。くれぐれも、同じ「失敗」を繰り返すことだけはしないでほしい。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT