「硬く熱いメンタル」を作るための2つの習慣

ドイツ伝説のGK、オリバー・カーンのメンタル術

ドイツの名ゴールキーパーとして活躍したオリバー・カーン。現在はテレビの解説者として活躍している(写真:Bongarts/Getty Images )

カーン独特の「頭の中のカバン」

ドイツ代表はこれまでに数々の名ゴールキーパー(GK)を生み出してきた「GK大国」として有名だ。中でもオリバー・カーンは、2002年W杯の闘志あふれるプレーで日本でも知られる存在になった。ブラジルとの決勝では好セーブを連発しながらも、自分のミスからゴールを決められて優勝を逃し、試合後にポストにもたれてうなだれる姿は多くの人の胸を打った。

カーンは2008年に現役を引退し、現在はドイツ国営放送の解説者として活躍している。現役時代の荒々しいスタイルとは打って変わり、理論と経験を織り交ぜたわかりやすい解説が人気だ。

また、執筆活動にも力を入れており、2010年に『Du packst es!』(君ならできる!)という本を出版した。経験談とともにカーン流のメンタル術がふんだんに紹介されている名著だ。

今回はその本の中から、最もビジネスパーソンに役立ちそうなメンタル術を取り上げたい。

同書のモチベーションに関する章において、カーン独特の「頭の中のカバン」という概念が登場する。イメージ上の仮想のカバンのことで、その中に特別な道具を入れておけば、モチベーションを上げたり、怒りを鎮めるときに役に立つ……というのがカーンの考え方である。

次ページ怒りや焦りを抑えるクールダウンスプレー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。