「硬く熱いメンタル」を作るための2つの習慣

ドイツ伝説のGK、オリバー・カーンのメンタル術

そもそもカーンが「頭の中のカバン」を作ったのは、GKになるためのビジョンを、つねに意識すべきだと考えたからだ。

「世界で愛されるGKになりたいという情熱」と「8万人の観客と無数のTVカメラに囲まれてプレーする熱狂」をカバンに詰め込み、迷いが生じそうになるたびに、2つのビジョンを取り出して夢を再確認した。

カーンは本の中でこう記している。

「もし困難な状況に陥ったら、『自分は試されている』と考えるんだ。次のステップに進む準備はできているか、すべてを捧げることができるか、とね」

カーンはモチベーションの塊のような選手と思われていたが、やはり彼も人間だ。弱さも、迷いもある。だが、カバンとスプレーという手法を確立したことで、鉄のように硬く、火のように熱いメンタルを作り上げることに成功したのだ。

選手だけでなく、一般の人にとっても、カーン流の仮想スプレー活用術は参考になるはずだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。