狙うは美活女子!あの養命酒が挑む新舞台

健康飲料や果実酒を投入、デザインや販促も大胆に

「きれいになろう!」――。アイドルのようなピンク色のドレスをまとった女性芸人7人が、笑顔で語りかける。6月3日に発売された「食べる前のうるる酢」のテレビCMだ。

「うるる酢」は、「食事はまず野菜から食べる」という近年注目されているダイエット手法であるベジタブルファーストの考え方を基に、その名のとおり酢をベースにした健康飲料。美容や体型の維持に関心の高い女性、“美活女子”とも呼ばれる客層をターゲットとしている。ピンクのボトルに丸く大きな赤い文字、かわいらしいデザインが目を引く。

薬用養命酒で培ったハーブのノウハウを生かす

ただ、ふとボトルに目をこらすと意外なことに気づく。「Yomeishu」のロゴだ。実はこの「うるる酢」、滋養強壮剤「薬用養命酒」を手掛ける、養命酒製造の新商品なのである。養命酒の得意とするハーブの美容・健康機能を生かして商品を開発。首都圏のコンビニエンスストアで売り出すという、同社としては初の試みにも挑戦している。

さらに養命酒製造は、「うるる酢」と同時期に、スーパー、酒店向けにも「林檎(檸檬)とハーブのお酒」という新製品を投入している。こちらも美容への効果を訴求する製品で、パッケージには鮮やかなピンクと黄色を使用し、フルーツやケーキのイラストも挿入。これまでの同社製品にない、華やかなイメージに仕上げた。

真っ赤な箱、武骨な茶色い瓶、「東洋医学の文献には、女性は7の倍数、男性は8の倍数の歳に体調の変わり目が訪れ・・・」と始まるテレビCM――。養命酒と聞けば、健康、長寿を意識する中高年層以上をメインターゲットとするあの商品を誰もが思い浮かべるだろう。

次ページなぜ美活女子を狙うのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。