貯蓄型保険の宣伝を鵜呑みにできない理由

ノイズのような情報を避けるようにしよう

しかし、私が助言をいただいている保険数理の専門家たちは、異口同音に「預金との比較はダメ」と言います。保険では短くても数年間、商品によっては満期まで元本割れ期間が続くこともあるためです。リスクが異なる点を無視した比較は間違いなのです。

払い込む保険料の総額と老後などに払い戻しされる返戻金の額を単純比較するのも「やってはいけないこと」「すごくスジが悪い比較」と断言します。

中途解約時に損が出ること、貨幣価値が変わるかもしれないことなどを考慮して、将来受け取るおカネの価値は額面より必ず(!)低く評価しなければならないからです。

「今日満期が来る100万円の受け取りを30年後にすると110万円になる」という話がある場合、「30年待つほうが10万円も得」と、額面どおり判断する人はいないだろう、と想像してみたらいいでしょう。

「将来の100%は常に100%未満」であることを伝えない広告やセールストークは、真に受けてはいけません。

「長期的には…」という説明が、そもそも苦しい

3 「外貨建てだから高金利」と伝える

円建ての保険が低金利であることを語り「外貨建てなら高金利なので、効率的におカネが増やせます」といった案内も真に受けてはいけません。

ある証券会社で外国債券による運用にかかわってきた人は、「高金利通貨で運用しても、運用益は為替の変動で簡単に吹っ飛んでしまう」と言います。

複数の保険会社で保険会社のリスク管理などにかかわってきた人も「外貨建て保険は金利が高いといっても“名目”金利に過ぎません。為替レートは、各国の物価や貨幣価値から見た“実質”金利の差に応じた動きをします。長期ならなおさらでしょう。ドルでおカネを持っても円でおカネを持っても、得にも損にもならないように決まるのが為替レートです」と言います。

外貨建て保険の販売に注力している保険会社の人は、「長期的には有力な資産形成手段」などと言いますが、私は、そもそも「長期的には……」という説明が苦しいと思っています。

貯蓄商品である以上、将来、払い戻しされるおカネの額が、保険料総額を上回り、収支がプラスになるのは当然です。そうでなければ、誰も契約しないでしょう。

しかし、そのプラスが長期的に達成されるのは、単に「おカネが増えにくい仕組み」だからだと思います。契約当初は保険料の大半が代理店手数料などに費消され、運用に回らないために、初期のマイナスを挽回するのに長い時間がかかってしまうのです。

一般に、保険商品の手数料は金融商品の中でも高く、外貨建て保険の手数料は円建て保険より高めです。言うまでもなく、代理店手数料など、他人の口座に入ってしまったおカネは、2度と加入者のもとには戻ってきません。

消費者は長期的な収支を云々する前に、「契約当初の元本割れが大きい商品ほど避けたほうが良い」と見るべきでしょう。

次ページ高いコストがもたらすデメリットに比べると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT