トヨタ自動車、国内外で約580万台リコール

タカタ製エアバッグ欠陥で

 10月26日、タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車は、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真のロゴ脇に投影されているのはカローラ2車種。トヨタ都内本社で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - タカタ<7312.T>製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車<7203.T>は26日、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

エアバッグを膨らませるインフレーター(ガス発生装置)に火薬劣化を防ぐ乾燥剤が入っていない部品について、国交省が各社に順次リコールを実施するよう要請していた。トヨタは海外分を含むと計約580万台をリコールするという。

同日、フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の日本法人が「パサート」など6モデル37車種計12万9230台、アウディ<NSUG.DE>の日本法人が「A3」など5モデル57車種計6万7341台をそれぞれリコールした。

タカタ製インフレーターをめぐっては、根本的な原因が判明していないが、長い期間高温多湿の環境下にさらされることで、最悪の場合にはエアバッグ展開時にインフレーターの容器が破損し、飛び散った金属片が乗員を傷つける恐れがある。海外では死亡者も出ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。