トヨタ自動車、国内外で約580万台リコール

タカタ製エアバッグ欠陥で

 10月26日、タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車は、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真のロゴ脇に投影されているのはカローラ2車種。トヨタ都内本社で2012年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - タカタ<7312.T>製エアバッグ部品の欠陥問題で、トヨタ自動車<7203.T>は26日、「カローラ」など計19車種115万9578台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

エアバッグを膨らませるインフレーター(ガス発生装置)に火薬劣化を防ぐ乾燥剤が入っていない部品について、国交省が各社に順次リコールを実施するよう要請していた。トヨタは海外分を含むと計約580万台をリコールするという。

同日、フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の日本法人が「パサート」など6モデル37車種計12万9230台、アウディ<NSUG.DE>の日本法人が「A3」など5モデル57車種計6万7341台をそれぞれリコールした。

タカタ製インフレーターをめぐっては、根本的な原因が判明していないが、長い期間高温多湿の環境下にさらされることで、最悪の場合にはエアバッグ展開時にインフレーターの容器が破損し、飛び散った金属片が乗員を傷つける恐れがある。海外では死亡者も出ている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT