「二刀流アスリート」が秘める大きな可能性

投手と野手で活躍する大谷だけじゃない

野球の場合、NPBだけでも日本人の1億円プレイヤーが70人ほどいる。しかし、野球、サッカー、ゴルフ、相撲、競馬、競輪、競艇などを除くと、1000万円以上稼ぐ日本人アスリートはごくわずかだ。それどころか、日本トップクラスの成績を残しても、生活するのがやっとという競技もある。

二刀流はアスリートがさらに「稼ぐ」方法

今夏にはリオ五輪が開催されて、日本には60名近いメダリストが誕生した。JOCからの報奨金は、金500万円、銀200万円、銅100万円。各協会からも報奨金が贈られるが、日本陸連で金2000万、銀1000万、銅800万円という支給額だった。報奨金の高額な陸上選手が金メダルを獲得しても、総額は2500万円という計算になる。NPBのトップ選手と比べると、金額的なスケールはかなり小さい。

一方、「稼ぐ」ということを考えた場合、ひとつの競技に専念するのではなく、複数の種目に挑戦するという選択肢もあるだろう。近年、ビジネスの現場でも近年、ダブルワークをする人が増えている。もちろんリスクは生じるが、収入源を2つ確保することは、生活面で不安の多いアスリートにとって心強い。人気面などを考えても、「1+1=2」以上の“成果”を残す可能性もある。

米国ではハイスクールまで複数の競技をすることは珍しくない。中にはMLB(野球)とNFL(アメフト)の両方でオールスターに出場した選手もいる。

日本でマルチアスリートといえば、スピードスケートと自転車競技の2種目でオリンピック(冬季4回、夏季3回)に出場した橋本聖子が有名だ。メインはスピードスケートで、スピードスケートと自転車は使う筋肉が似ていることもあり、夏のトレーニングに必ず自転車を取り入れていたことから、自転車競技にも参戦した。

当時、橋本の新たなる挑戦は注目を集めた。その戦いについて、「夏冬を目指すことで体を休めるオフがなくなり、どちらもダメにしてしまう危険性もありました。でも、そういう恐怖を乗り越えてこそ、強くなれるという信念がありました。ダメになることを恐れていては、メダルには手が届かないような気がしました。今でも、その選択は間違っていなかったと思います」と橋本は自身のホームページで振り返っている。

では、具体的にどんな「組み合わせ」にマルチアスリートのチャンスがあるのだろうか。筆者は陸上競技をメインに取材しているが、陸上選手のなかにも、おもしろい選手がたくさんいる。

シンプルに「足が速い」というだけで、多くのスポーツで武器になる。たとえば、リオ五輪で銀メダルを獲得した男子400mリレーで1走を務めた山縣亮太(SEIKO)は広島県の出身。野球経験はないようだが、「代走専門」で広島カープに入団することになれば、話題になるはずだ。出来高払いで盗塁1回100万円。NPBの年俸を考えれば、高くはないだろう。そして、スプリンターの副業としては、かなりの高額収入が期待できる。

次ページマルチアスリートで成功する組み合わせは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。