「二刀流アスリート」が秘める大きな可能性

投手と野手で活躍する大谷だけじゃない

リオ五輪でアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥(ドーム)なら、読売ジャイアンツはどうだろう。ドームが取り扱うアンダーアーマーはジャイアンツとパートナーシップ契約を結んでおり、自社ブランドをPRするにもピッタリだからだ。広島 vs 巨人では山縣とケンブリッジの“塁上対決”が注目を集めて、それが陸上ファン拡大につながる……などとイメージが膨らむ。

ちなみにスタートが得意な山縣の方が1塁から2塁への到達は速いと思うが、2塁からホームへは、200mを得意とするケンブリッジに分があるのではと感じる。

自分の価値を掛け算的に高められる可能性も

ベルリン世界選手権で銅メダルに輝いたやり投げの村上幸史(スズキ浜松AC)は中学時代、野球部で投手として活躍。近年もテレビのバラエティ番組でその剛腕ぶりを見せている。昨年5月には横浜スタジアムで行われた試合で始球式を務めて、球速144km/hを記録(1週間前の投球練習では147km/hも記録している)。なぜか高速スライダーまで操るのだ。NPBで活躍できるレベルではないだろうが、村上は愛媛県の出身。愛媛マンダリンパイレーツの投手として、四国アイランドリーグplusのマウンドに登れば、地元は大盛り上がりするはずだ。

砲丸投げの選手には大相撲が合う気がする。日本記録保持者の畑瀬聡(群馬綜合ガードシステム)は身長184㎝、体重121kgという堂々とした体格。腕を突き出す動きは、相撲の張り手に似ている。日本のレベルを考えると、世界大会に出場するのは難しい状況だが、まげスタイルで世界大会に出場すれば、各国のメディアから取材が殺到することだろう。

大相撲は18年も日本人横綱が誕生しておらず、明らかに人材不足だ。日本人は世界的に見て小柄なこともあり、パワースポーツで成功できる素材は限られてくる。複数のスポーツで有能な人材をシェアするという考え方も必要かもしれない。

人類最速の男、ウサイン・ボルトはマンチェスター・ユナイテッドの大ファンで、「サッカーのジャマイカ代表でプレーするかもしれない」という報道が出たこともあった。ひとつのことを極めたからこそ、別の競技をすることでエッジの効いたプレイヤーとしての活躍が期待できると思うのは筆者だけではないはずだ。

「陸上中距離×7人制ラグビー」「陸上長距離×トレイルランニング」「走り高跳び×アルティメット」「野球×クリケット」など、個々の能力を存分に生かせる組み合わせがあるはずだ。競技をやめて転向するパターンもあるが、アスリートの“寿命”は長くない。複数の種目を同時にこなすことで、視野が広くなるし、得られるメリットは倍以上にあると思う。

「そんなに甘くない」という意見は多々あるだろうし、「絶対に無理だよ」と感じるのが普通の考え方かもしれない。しかし、大谷の例を出すまでもなく、本気でチャレンジしたいという気持ちがあれば、成功する可能性は誰にも否定できないはずだ。

複数の種目に挑戦することで、自分の価値を掛け算的に高めていく。アスリートとして食っていくためには、そういうアピールも必要ではないだろうか。早くからひとつの種目に絞るのではなく、学生時代は複数の競技に取り組み、スポーツで「稼ぐ」ことができるようになっても、マルチアスリートという可能性を残しておく。「柔軟な発想」でスポーツに取り組むアスリートが増えることを期待したい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。