「昔のソニー」をありがたがる風潮への違和感

古くて大きな会社に求められる役割を問う

しかしこれは、日本の歴史的な体質ではないと思っています。戦後だってソニーとホンダが生まれているのです。新卒一括採用で、古くて大きな会社に入るという社会的同調圧力があったから、入っていただけだと思います。

優秀な人材の創造力を大企業は邪魔してはいけない

米国だって、1980年代はハーバードやスタンフォードを出た学生は、当たり前のようにIBMのような古くて大きな会社に入っていた。ところが、古くて大きな会社が日本企業の台頭で衰えたことで、マインドは大きく変わっていったのです。大きな会社、一流と言われる会社に入ったところで、金持ちになれない。人生の無駄だ、なんとかして自分で始めよう、という空気に変わった。これは日本も同じになってきている。

『有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が“手遅れ”になる前に』(幻冬舎)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

だって今は会社なんて、簡単に起こせるからです。ベンチャーも増えてきた。特に最近は、高学歴インテリ系のベンチャーが増えている。東京大学の最も偏差値が高い理系の研究室の学生は、当たり前のようにベンチャーを自分たちでつくる。あるいは先輩がつくったベンチャーに入る。もっといえば、米国に留学して、向こうで起業してしまったりする。

いいことだと思います。大事なことは、どうやって優秀な学生が、古くて大きな会社に入らないようにするか、だと私は思っています。これは、国の政策として、とても大事なことです。

米国は、結果的にこれをやったのです。日本の大手企業の方々から、「トップオブトップスの学生が採用できない」と嘆きが聞こえてくることがありますが、私は結構なことだと思っています。そういう才能が何かイノベーティブなことをした時、一緒にビジネスをしていけばいいのです。それが、大きな会社の役割なのです。

本当に優秀な人材の創造力を、大きな会社は邪魔してはいけない。その本質に今こそ、フォーカスすべきなのです。

(構成:上阪徹/ブックライター)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT