老舗企業だらけの日本の未来は、ヤバすぎる

経済活性化には新興企業が不可欠だ

日本は他国に比べて圧倒的に新興企業が少ないが、経済成長を持続するにはベンチャーの存在が欠かせない(写真:まちゃー/PIXTA)

原文はこちら

はたして日本に新興企業が生まれ育つ土壌があるのかは、外国人投資家にとっても関心の高いテーマのようで、私自身も尋ねられることが多い。日本はリスクを避ける文化のため起業家精神が育ちにくく、政策によって環境を変えるのは難しいのかもしれないが、今回はそれでも日本のような成熟経済にとって、高成長の新興企業の必要性がいかに高いかについて書いてみたい。

3つに分かれる企業タイプ

さて、米国の著名ビジネスコンサルタント、デビッド・バーチ氏の話では、数十年前に行われた研究によると、企業は「ネズミ」「ゾウ」そして「ガゼル」の3つのタイプに分類できる。ネズミは街の美容室など家族経営の小規模な店で、大きく成長することはない。一方、ゾウは米ゼネラル・モーターズ(GM)のような老舗大企業で、こうした企業の一部は倒産したり、買収されたりしている。実際、1970年における米国トップ100企業のうち、今でもトップ500社に入っているのはわずか11社だけだ。

一方、ガゼルは急速に成長する比較的新しい企業である。2006年の経済協力開発機構(OECD)の研究ではガゼルは、創業5年未満で創業時の従業員数は10人以下、過去3年間の従業員数の増加率が年率20%の企業であると定義されている。現時点でOECD加盟国経済においてガゼルが占める割合は小さいが、雇用と国内総生産(GDP)、生産性の成長を促すという点では大きな役割を果たしている。

実際のところ、バーチ氏はガゼルが実質新規求人の3分の2を生み出していると見ている。米国の例をみると、わずか4%の企業が新規求人の70%を創出しているという。たとえば、2007年から2015年において、米国のゼネラル・エレクトリック(GE)の従業員数は14万人から12万5000人に減少したが、同時期にアマゾンでは従業員数が1万7000人から13万1000人に急増している。

次ページガゼルの真の寄与とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。