中国で失敗する日本人が理解していない本質

「人と組織の現地化」は簡単なようで奥が深い

文化や風習の違う人たちとどのように交わったらいいでしょうか(写真:izolabo / PIXTA)

書店のビジネス書コーナーに行くと、中国の今後を憂うタイトルの本が並んでいるのが目につきます。かつて急成長を遂げた中国も、昨年来の経済減速を受け、日系を含む外資系企業が現地から撤退するケースも増加傾向にあります。

現地のビジネスパーソンは前向きだ

一方、上海の現地法人を通じて日系企業の人材・組織開発に6年間かかわってきた立場から言えば、今の経済減速を受けて、現地の日本人ビジネスパーソンが、がっくりと肩を落として諦めモードなのかといえば、まるで違う印象があります。彼らの間では、「それでも成長率は、日本の数倍」「減速ではない。新しいステージだ」「これからが面白い」という前向きなとらえ方が意外に多いのです。

こうした声の中で本質的だと思うのは、「変わっていく中国で生き残れなければ、他の新興国でも負けてしまう」というものです。考えてみれば、どんな新興国も、いずれ必ず経済の低成長や成熟、あるいは企業の過当競争と淘汰を迎えます。したがって、中国で起きたその波を乗り越えられずして、企業をグローバル化させることはできないという意味だと思います。

次ページ日本企業は変化の波をどう乗り越えようとしているのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。