「昔のソニー」をありがたがる風潮への違和感

古くて大きな会社に求められる役割を問う

日本の経済ジャーナリズムの論点は、完全にずれています。昔のソニーは良かった。ああ、そうですか、でおしまい。何を言っているのか。それを言ったら、日立だってアントレプレナーの時代があった。どんな会社も、最初はそうだったのです。

メインプレーヤーが入れ替わらない日本

米国の株式市場で時価総額ランキングを見てみるといい。アップル、グーグル、フェイスブックなど、メインプレーヤーは20年前と大きく入れ替わっています。ヨーロッパだって、入れ替わっています。ところが、日本はどうなのか。

日本の入れ替わらなさは、文字どおり、異常なほどです。いや、入れ替わっていなくても、日本の企業が相変わらず世界で勝っているのであれば、問題はありません。そうじゃないわけです。負けているのです。どんどん「フォーチュン500」から消えているのです。これは、明らかに新陳代謝が起きなかったことが敗因です。

日本発の「グローバルベンチャー」は、実はひとつもない。このことに気づかなければいけません。

今の米国のメインプレーヤーは、そのほとんどが50年前には、影も形もなかった会社だらけになっています。日本では、ソニーやホンダも創業から70年以上が経っている。

歴史をひもといてみれば、わかると思います。20年以上の歴史を持ち、1000人以上の規模を持つ古くて大きな会社がイノベーティブに生まれ変わった、などという事象があるかどうか。あったなら、私は教えてほしい。歴史上、ひとつもないと思います。米国でもないでしょう。

だから、すでに存在している会社にイノベーションを期待することは、ナンセンスだと思います。今、存在している会社は逆に、ゼロからイチをつくるというゲームではなく、シェアを高くして、収益力を高めるゲームを推進していけばいいのです。古くて大きい会社は、古くて大きい会社のゲームをやればいい。

ゼロからイチを作るのは、本質的にはベンチャーの仕事です。ではなぜ、日本にグローバルベンチャー企業が生まれなかったのか? それこそが問われないといけない。要するに、ゼロからベンチャー創出をすべき人が、みんな古くて大きい会社に入っていってしまったからです。

次ページ日本の歴史的な体質ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT