「落とすための採用活動」は即刻止めるべきだ

企業は採用実績校を開示したほうがいい

ある大手メーカーは、就職情報誌が全盛だった頃、採用数100人程度に対して2000人程度の応募だった。しかし、就職ナビに変わってからは、4万~5万人のエントリー数になったという。

さらに、就職情報会社間のエントリー数獲得競争が激しくなり、「一括エントリー機能」という、同時に複数の企業に対して応募できる機能が登場した。その結果、学生が知っている企業に安易にエントリーするようになり、その数は膨大な量になった。また、「就職人気企業ランキング」の投票を就職ナビ上で実施するようになり、上位に入りたい大手企業が就職ナビ上でPR合戦をするといった状態にもなったのである。かつて就職情報誌で行われていた人気企業ランキング調査では、調査対象が偏差値上位大学の学生に限られていた。

集まった大量のエントリーを大手企業はどう扱うか。すべてを相手にするわけにはいかず、エントリーシートの応募があっても採用対象大学のところで切る、いわゆる”学歴フィルター”が行われるようになった。また、会社説明会でも学校名で自動的に受付枠を設定する学歴フィルターを含め、就職ナビの企業側の管理画面では学校別にグルーピングができるようなさまざまな機能が加わっていった。

企業は詳細な採用実績校の開示を

こうした大手企業の採用活動で対象大学やターゲット校になっている学生はいいが、それ以外の学生は一生懸命書いたエントリーシートがどんどん落とされることになる。全国で大学数は約780校あるが、著名な大手企業の採用対象大学は、偏差値上位20校程度、多くても30~40校くらいだろう。それ以外の多数の大学の学生は、エントリーシート段階で落とされる。企業は就職ナビ出現によって「落とすための採用活動」を余儀なくされているのだ。

最大の被害者は言うまでもなく学生である。就職ナビの普及でエントリーシートを採用する企業が増えていった結果、学生は長期間自己分析をやり、大変な労力をかけてエントリーシートを書くことを求められている。個別の会社説明会への参加申し込みも、採用対象大学の学生でなければ人気コンサート並みの競争倍率で(まったく席が取れないケースもある)、参加できる可能性が少ないのにもかかわらず、説明会の申し込み作業を続ける学生も多い。

著名な大手企業ばかりエントリーすると、学校名だけで落とされてしまい、延々と就職活動を続ける悪循環に陥ってしまう。学校の講義にも出られなくなり、結果的に学業圧迫が起こるのである。

次ページ大学も離職率や満足度を挙げていい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT