医者から外資金融・コンサルへの転職が急増

敷かれていた医療キャリアからの転出

保守的な医学部生たち-過去のレールがガッチリ固定

「あんたたち、もっとリスクをとりなさいよ」。

医学部の友人を思い起こして、雅子は回想する。大して飲めないビールをちびちびのどに流し込みながら、医学部の閉塞感、安定志向の高さについて彼女は問題意識を投げかける。

大半が医者の子供で、給料自体は決して高くはないが、その代わり絶対に解雇はない。雅子が出会った医学部の学生は、性格的にも“過去のレールが将来のレールにしっかり固定された、腰の重い人”ばかりであった。 

職業選択が不自由な、世襲制ドクター予備軍

思えば、私たちの社会の、“医者を志す動機”は薄弱なところが大きい。多くの欧米諸国では、医学部に入る前に、一年間本当に自分が何をしたいのかサバティカル(休暇)をとり世界旅行や奉仕活動で自分に向き合う。

これに対し私たちの周囲では生まれたとたんわが子に歯医者をつがせ、物心ついたときから数学の塾に通い詰めさせる。本当はバンドでドラムをやりたい“メタリカ息子”を皮膚科の研修医にしたてあげ、もしくは公務員のお父さんが旧世代の憧憬心から、“いつかはうちも医者に……”と、長男の学費に全てを注ぎ込む。

結果として、医者への志望動機を述べる学生側の理由も、甚だ弱々しいものである。「おばあさんが病気になって、治してあげたいと思って医者を志望しました」などと表向きは言いつつも、実際は親から病院を継ぐよう幼少期から塾に入れられっぱなしだった、という貧弱な真相を吐露する人が、私の(けしからん)医者の友人には非常に多い。ざっと計算して、医者になるまであと20年。御祖母様の御長命をお祈りする次第である。

次ページうらやましくない彼らの生活
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT