「仕事のミス」は脳を鍛えれば絶対に減らせる

度忘れや勘違い、誤判断が多い人に朗報

コミュニケーションで言葉が語られると、記憶が勝手に呼び起こされて話ができてくる。自分の持っている日本語の記憶で話はできているのだ。それも思い出そうと思って記憶を使っているのではなくて、勝手に思い出されているのだから、普段は気づかない。それゆえ、互いに共有しようという意識がないと、勘違いやすれ違いが起こる。結局は、ミスコミュニケーションがコミュニケーションだとの前提に立つことだ。

──コミュニケーションでマスターになるには。

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

まず「答えより応え」。交わされている言葉だけにどうしても意識が行ってしまうが、表情や言葉のトーンといった雰囲気を気に掛ける。「やります」と言っても「本当に」か、「やる気はないが」か。質問しても部下が答えてくれない、あいつはあまり話さないとしても、いわゆるアンサーの答えは出ていなくとも、レスポンスの応えは必ず出ているものだ。そのレスポンスをきちんととらえられるのが上級者といえる。

そこに絡むのが「事柄と人」だ。事柄も人に焦点を合わせる。たとえばビジネスの文脈だと、四半期の目標を立て何をするか具体的な事柄を決めて、ただシートを埋めていくのでは、なかなか人は動かない。この目標で君はどう思う、あなたならどうしたいと、主語を人にしていかないと進まない。本当のプロ集団だったら事柄だけで動くかもしれないが、普通の人はいろいろな葛藤を抱えていたりする。人に戻し、そこに入っていかないといけない。

度忘れ予防にはメモやチェックリストが有効

──冒頭の度忘れのメモリーミスにはどうしたらいいですか。

メモリの容量が小さいから、忘れるものだと割り切ったほうがいい。忘れることはワーキングメモリを圧迫しないための一つの能力と考えて、これは常套手段だが、メモやチェックリストを記憶補助の仕組みとして使うことだ。

──マスターへの道は?

いわゆる記憶術が有効で、これは「イメージ」と「場所」がキーワード。古代ギリシャの時代から変わっておらず、世界記憶力選手権の覇者もこのイメージと場所を記憶の武器にしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT