主要企業40歳年収ランキング<メーカー編>

主要企業の年収を独自試算、その実態は?

1人当たり付加価値額で給与の支払い余地を見る

もう一つ、今回、重要指標として挙げた数字が、1人当たり付加価値額だ。賃上げ余地を探るに当たって、内部留保など原資となりうるストックの数字を見る方法もあるが、今回は企業が生み出すフローの付加価値を重視した。過去の蓄積を吐き出すだけでは持続可能性がない。将来キャッシュフローのしっかりした見通しが立って初めて賃上げが可能となるからだ。

この1人当たり付加価値額と年収の比較は、実は賃下げ危険度のシグナルにもなる。たとえばソニー。11年度ベースの推定年収915.5万円に対して1人当たり付加価値額はわずか625万円。ソニーはこの後に賞与削減を実施。実際の年収は1人当たり付加価値額に近づいている。

では、主要1300社の年収データ。今回はメーカーにしぼり、業種ごとに見ていくことにする。

 

 

 

 

次ページ化学は大手が貫禄、医薬品で成長組強し
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT