これが世界最大級のブルートパーズだ!

イギリス自然史博物館で展示へ

9月27日、ロンドンの自然史博物館で、トパーズ原石では世界最大級とされるオストロ・ブルートパーズの原石が来月から展示されることになった(2016年 ロイター/PETER NICHOLLS)

[ロンドン 27日 ロイター] - ロンドンの自然史博物館で、カットされたトパーズとしては世界最大級とされるオストロ・ブルートパーズ(重さ約2キロ)が10月19日から展示される。

このトパーズは9381カラットの大きさで、英国の企業家で慈善家のモーリス・オストロ氏から無期限で借り受けたもの。宝石の価値は明らかにされていない。

博物館によると、このトパーズが切り出された元々の石は30年前に探検家のマックス・オストロ氏がブラジルのミナスジェライス州で発見したものだという。

関連記事
トピックボードAD
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 激震!トヨタ×ソフトバンク
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。