これが世界最大級のブルートパーズだ!

イギリス自然史博物館で展示へ

9月27日、ロンドンの自然史博物館で、トパーズ原石では世界最大級とされるオストロ・ブルートパーズの原石が来月から展示されることになった(2016年 ロイター/PETER NICHOLLS)

[ロンドン 27日 ロイター] - ロンドンの自然史博物館で、カットされたトパーズとしては世界最大級とされるオストロ・ブルートパーズ(重さ約2キロ)が10月19日から展示される。

このトパーズは9381カラットの大きさで、英国の企業家で慈善家のモーリス・オストロ氏から無期限で借り受けたもの。宝石の価値は明らかにされていない。

博物館によると、このトパーズが切り出された元々の石は30年前に探検家のマックス・オストロ氏がブラジルのミナスジェライス州で発見したものだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。